画像

写真拡大 (全2枚)

 サイバーエージェント子会社のRightSemgentが提供するLINE ビジネスコネクト向け配信ツール「CA-Link」に、新機能「メッセージサーチ」が追加された。同機能によってユーザーはLINE公式アカウント上で商品やサービスを検索できる。

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、同社子会社のRightSemgentが提供するLINE ビジネスコネクト向け配信ツール「CA-Link」において、LINE公式アカウント上で商品やサービスの検索が可能な「メッセージサーチ」の提供を開始した。

 同機能により、ユーザーは商品カテゴリーなどを選択していくのみで簡単に希望する商品・サービスへ到達することができる。ユーザーが検索した条件は保存され、いつでも再開が可能であり、一部の検索条件を変更した形での再検索も行える。

 一方、企業は同機能と7月に提供を開始した「Dynamicリターゲティングメッセージ」機能を組み合わせることで、ユーザーが得た検索結果に応じてリターゲティングされたメッセージを送信できるため、検索後のアプローチも可能となる。

 加えて検索条件の離脱を検知して、LINE 公式アカウントにおける応答の改善を行う、プッシュ通知を送ることも可能になっている。そのため、企業はユーザーの商品・サービス検索をよりシームレスに、途中離脱の少ない形で実現することができる。

 なお、検索結果に表示される画像は「CA DataFeed Manager」を用いてリアルタイムに縮小表示することで、既存のデータフィードのまま、メッセージ形式への最適化が可能だ。また、検索結果をより精緻なものにするため、複雑なシナリオ設計に対応するとともにシナリオ設計の作成も行う。

MarkeZine編集部[著]