画像

写真拡大

 丸井グループのオムニチャネル事業強化の一環として、アドビ システムズのWebコンテンツ管理ソリューションAdobe Experience ManagerとパーソナライゼーションソリューションであるAdobe Targetが採用された。

 丸井グループはオムニチャネル事業強化の一環として、アドビ システムズ(以下、アドビ)のWebコンテンツ管理ソリューションAdobe Experience ManagerとパーソナライゼーションソリューションであるAdobe Targetを採用した。

 企業のデジタルマーケティングを支援するクラウドサービスAdobe Experience Cloud の一部であるAdobe Experience Managerは、Webやモバイルを始めとした様々なチャネルにわたってきめ細かな顧客体験を提供する、デジタルコンテンツ管理プラットフォーム。Adobe Targetはテストを通じたコンテンツの最適化により、パーソナライゼーションを実現するソリューションとなっている。

 丸井グループはこれらを導入することで、コンテンツの効果的な配信、コンテンツ制作の迅速化と効率化によるオムニチャネル事業の拡大とWeb業務に関連する外注コスト削減を目指す。

 丸井グループは2016年4月、オムニチャネル事業の専門組織を立ち上げ、店舗とWebのマーケティングを連携させ、顧客体験の向上に取り組んでいる。その中でこれまで外注していたWebコンテンツ制作を内製化することにより、より迅速なコンテンツの制作と配信およびデジタルマーケティングの知見を社内に蓄積することを検討していた。

 アドビは丸井グループが以前から導入していた分析ソリューションAdobe Analytics、さらに今回の2つのソリューションを提供するだけでなく、丸井グループの社員向けにカスタマイズしたWeb制作の基礎からWebトラフィックの解析、コンテンツ運用などデジタルマーケティングの実践を学べる講座を提供し、同社のデジタルトランスフォーメーションを支援する。

MarkeZine編集部[著]