専門家に聞いた!衛生的にキャラ弁を作るために注意したいこと

写真拡大

秋の運動会シーズンに向け、キャラ弁作りに励む親御さんも多いと思うが、「上手にできるか」、「ベタベタ触りすぎて不衛生でないか」と不安も尽きないと思う。そこで今回は、栄養や衛生に配慮したキャラ弁作りを広めるべく、精力的に活動されている沼端恵美子さんに、衛生的で栄養バランスがよく、出来るだけ短時間でキャラ弁を作るためのコツを教えてもらった。

■安全なキャラ弁を作るための極意

キャラ弁に限らずどんなお弁当も、細菌が増え傷んでしまう可能性がある。まずは衛生面について聞いた。

「食中毒の原因となる有害な細菌は、水分や生温かい環境を好んで増殖します。お弁当箱にご飯やおかずを温かいまま詰めると、熱がこもって冷めにくい状態になり、食材の汁気や水分も手伝って細菌が増えやすい環境になるのです」(沼端さん)

では、細菌が増えないようお弁当を作るにはどうしたらよいだろう。

「作る前に手をしっかり洗うのはもちろん、弁当箱や調理器具もきれいに洗って除菌し、乾燥させたものを使いましょう。できるだけ手指で触れないよう、おにぎりはラップに包んで握り、盛り付けには箸などを使います。食材は中心部までよく火を通し、ハムやちくわなど生で食べられる加工食品も加熱調理してから使用します。水気や汁気のあるおかずは、詰める前にキッチンペーパーで拭っておくとよいでしょう。生野菜や果物はしっかり洗い、他のおかずに触れないように詰めます」(沼端さん)

細工が多いキャラ弁制作で、上記以外に気を付けるべきことはあるだろうか。

「盛り付けや飾りには、箸に加えピンセットを使用するとよいでしょう。お花や動物の型抜きができるクラフトパンチなど、内部まで洗うことが難しい器具は、極力使用しないことをおすすめします。また、野菜を飾り切りした後に茹でたり、海苔はラップで挟みレンジで加熱するなど、細工後に加熱するとより安心です」(沼端さん)

器具の隙間に付着した雑菌が繁殖しないようにしたい。そして、お弁当の保存方法についてだ。

「しっかり冷ましてから蓋をしましょう。できるだけ低い温度で保管することが重要なので、持ち運びの際は保冷剤を添え、保冷バッグを利用すると安心です。保冷剤と保冷バックを併用すると、数時間低い温度を保つことができます」(沼端さん)

キャラ弁に限らずどんなお弁当も、ふたをするタイミングや食べるまでの保管方法に配慮が必要だ。

■キャラ弁も食事のひとつ

次に栄養面に関して聞いた。どんなお弁当も「体を作るための食事のひとつ」と思って作ることが大切と沼端さんは教えてくれた。

「キャラ弁はどうしてもキャラの再現ばかりに気を配ってしまいがちですが、『主食:主菜:副菜=3:1:2』という理想的な栄養バランスに近付けるよう、不足しがちな野菜を多く取り入れましょう」(沼端さん)

確かにキャラ弁を作るときは、普段に増して見た目重視になり、栄養面は後回しになってしまいそうだ。沼端さんが、見た目、栄養面とも合格で、なおかつ手早く作るための工夫が施されたキャラ弁例を提案してくれた。

「野菜が苦手な子も食べやすい野菜の肉巻きは、見栄えもするので主菜におすすめです。キャラおにぎりと普通のおにぎりを組み合わせているので“時短”できますよ。カニかまぼこやチーズでハチマキや旗などの細工をすると、運動会向けの華やかなキャラ弁になります」(沼端さん)

キャラクターものと普通のおにぎりなどをうまくコントラストとして使うことで、短時間で食べごたえがあり、さらにインパクトのあるお弁当を作ることができる。ここまで完成度を上げれば、お弁当箱を開けた瞬間、家族のボルテージが高まることは間違いないだろう。

今年の運動会は、衛生的で栄養満点の“最強キャラ弁”に、挑戦してみてはいかがだろう。

なお、「教えて!goo」では、「運動会のお弁当での思い出を教えて」ということで皆さんの思い出を募集中だ。

●専門家プロフィール:沼端 恵美子
All About「キャラ弁」ガイド。一般社団法人日本キャラベニスト協会理事。お弁当、キャラ弁アドバイザー。お弁当学マスター認定講座の企画編集者。栄養や衛生に配慮したキャラ弁作りを広めるべく活動中。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)