この夏、新たにJリーグに加わった外国人選手と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、やはりルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)だろう。ヨーロッパの強豪クラブを渡り歩き、ドイツ代表でも活躍。そのキャリアはワールドクラスの選手と呼ぶにふさわしいものだ。

 しかし、ピッチ上のポドルスキが前評判にかなった活躍を見せているかというと、残念ながら疑わしい。周囲との連係が合わずに孤立し、苛立ちを見せることも少なくない。看板倒れと見切ってしまうのは時期尚早だろうが、少なくとも現段階で言えば、期待に応えているとは言い難い。

 さて、その一方で、「意外な」と言っては失礼かもしれないが、この夏に加わったばかりの新顔ながら、スタンドの目を引きつけている外国人選手がいる。

 コンサドーレ札幌のMFチャナティップである。


今夏、コンサドーレ札幌に加入したチャナティップ

 チャナティップは、昨年1月に行なわれたアジアU-23選手権(兼リオデジャネイロ五輪最終予選)にタイU-23代表として出場したのをはじめ、年代別代表で中心選手として活躍。まだ23歳ながら、現在はタイ代表で攻撃の軸を担っている。もちろん、9月5日まで行なわれていたW杯アジア最終予選にも出場していた。

 その最終予選を見てもわかるように、タイは日本に2戦2敗。実力的にタイは日本に劣る。いかに代表チームのエース格とはいえ、所詮はタイ代表でのこと。Jリーグ、それもトップリーグであるJ1でどれほどやれるのか。韓国やオーストラリアからやってくる選手に比べれば、その力に対して懐疑的な見方は、当然あっただろう。

 過去、同じ東南アジアのインドネシアやベトナムからもJリーグにやってきた選手がいたが、話題先行の感が強く、さしたる活躍もできずに帰国するケースが続いたことも、そんな見方を強くしたに違いない。

 しかし、チャナティップはレベルが違った。

 今年7月、新たなに選手登録されると、リーグ戦ではJ1第19節の浦和レッズ戦で先発デビュー。2-0の勝利に貢献して以来、6試合連続出場中だ。

 しかも、ただ出場しているだけではない。試合を重ねるごとにボールに関わる回数が増え、もはや札幌の攻撃の中心には彼がいる、と言っても大袈裟ではないほどだ。

 タイミングよくスペースを見つけてパスを受け、前が空けばドリブルで仕掛け、相手がドリブルを警戒してくれば、フリーになっている味方を見つけて効果的なパスを出す。決して独りよがりになるわけではなく、チームのなかで自分の長所を発揮することができている。158cmという小さな体から放たれる存在感が、日に日に強まっていることは間違いない。札幌の四方田修平監督が語る。

「彼のよさであるテクニックを生かして、相手の守備ブロックのなかでボールを展開したり、スピードを生かして局面を打開したりする。そういうことがJ1のなかで出せている」

 当然、チャナティップ本人も手応えを感じているようで、「タイにいたときよりもコンディションはいい。やっているうちに、どんどん慣れてきた」と、幼さの残る顔をほころばせ、うれしそうに話す。

 現在、降格圏(16位)とは勝ち点3差の14位にいる札幌にあっては、相手にゲームを支配されてしまう試合も少なくない。当然、そのなかではボールに触れる機会も少なくなり、本来のテクニックを発揮できない展開に陥ることもある。

「やはりサッカー選手は、ボールがないとつまらない。『(日本語で)ボール、チョーダイ。チョーダイ』という気持ちになる」

 これまでのキャリアにおいては、常にチームの大黒柱としてプレーできたであろう背番号18は、冗談めかしつつもそう語り、少なからずフラストレーションがある様子をうかがわせる。だが、それでも「一番大切なのは信頼」と言い、「みんなに信頼されていないと、ボールはこない。認められるように、毎日がんばる」と、あくまでも前向きだ。

 これだけの活躍を見せられれば、当然相手チームも警戒を強める。J1第23節で対戦した川崎フロンターレのMF中村憲剛は「速いし、うまいし、いい選手」と絶賛し、「あれだけのクイックネス(速さ、敏捷性)があれば、J1で通用するのは当然だろう」と、その実力を認める。

 また、これまでにタイU-23代表(アジアU-23選手権)、ムアントン(AFCチャンピオンズリーグ)、札幌(J1)と、異なるチームで3度チャナティップと対戦している川崎のDF奈良竜樹は「チームが違っても、基本的にプレーは変わらない」と言い、こう続ける。

「(体は)小さいけれど、体の使い方がうまいので当たり負けもしないから、間でボールを受けて、狭いスペースでプレーできる。札幌にはああいう選手がいなかったので、いいアクセントになっていると思う。なかなかチャナティップを捕まえられず、ファールが多くなってしまった」

 なるほどチャナティップが言うように、もっと慣れてくれば、さらに際立った活躍を見せられるだろうし、さらに言えば、来季以降、J1の上位クラブが獲得に動く可能性も十分にあるだろう。それほど、タイのスターは光り輝いている。

 これまで東南アジアからやってきた選手が、Jリーグでなかなか活躍できなかったといっても、それはインドネシアやベトナムの話。タイは別格だったということだろう。昨年途中までベトナム代表を率いていた三浦俊也監督から当時、「ベトナムが強くなってきたといっても、東南アジアではタイの力が抜けている」と肌感覚での実感を聞いたことがあるが、Jリーグでもそれが証明される形となった。

 では、タイ代表の主力級であれば、J1でもこれくらいのプレーはできるのだろうか。つまり、今後、チャナティップに続く選手は出てくる可能性もあるのだろうか。

 そんな疑問を前出の中村にぶつけると、「ああいう選手が出てくることで(Jリーグの東南アジアへの)マーケット拡大につながればいい」としながらも、「他にもいい選手はいるけれど、彼は特別ではないかと思う」と語る。やはりあれほどの才能は、東南アジアの雄においても稀(まれ)ということだろう。

 奈良もまた、「タイの選手は小柄だが、ボールを扱う技術に長けていて、日本人に似ているところがある。だから、日本に適応しやすいのではないか」と、タイ人選手のJリーグへの適性の高さは認めたうえで、「でも逆に、日本人と似ているから(あえてタイ人選手を獲得する必要はない)、というのもあるかもしれない」と、第2のチャナティップ誕生には懐疑的だ。

 とはいえ、「チャナティップに関しては、J1でやれるレベルであることは間違いない」(奈良)。彼が今後、J1でどんなプレーを見せてくれるのかは楽しみだ。

 残留争いの最中にある札幌にとって、残留への切り札は、すでにJリーグでの実績があり、同じく今夏加入したFWジェイと思われがちだが、実はより大きな上積みをもたらしてくれるのは、チャナティップのほうかもしれない。

 タイからやってきた小さなMFは、ヨーロッパや南米はもちろん、同じアジアの韓国やオーストラリアからやってくる”助っ人”と比べても、知名度や格では落ちるかもしれない。

 しかし、だからこそ、ここ日本で大化けする可能性を秘める。例えばJリーグをステップに、ついにはマンチェスター・ユナイテッドでUEFAチャンピオンズリーグ制覇にまで至った、朴智星(パク・チソン)のように。

 いよいよ佳境を迎えるJ1において、注視しておきたい選手である。

■Jリーグ 記事一覧>>