U-19リバプールを率いるスティーブン・ジェラード氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールが7日、37歳のスティーブン・ジェラード氏が下部組織(U-19)の指揮官に就任したことを発表した。

 昨年11月に現役引退を表明した元イングランド代表のジェラード氏は、今夏からリバプールのU-18チームを率いている。クラブの発表によると、U-19チームの指揮官としてUEFAユースリーグを戦うことになるようだ。

 リバプールのU-19チームは、UEFAユースリーグでマリボル、セビージャ、スパルタク・モスクワと対戦する。ユースチームにとっての最大の大会で、ジェラード監督の手腕が問われることになる。

text by 編集部