居場所がないコスタ

写真拡大

チェルシーはジエゴ・コスタがトップチームの選手達のために割り当てられた専用パーキングを使用する事を禁止した。
今週木曜日、イギリス紙の『The Sun』が報じた内容によると、コブハムのトレーニング施設のセキュリティ責任者はジエゴ・コスタがトップチームの選手専用エリアに車を駐める事を禁じ、彼をユースチームのパーキングに送ったという。

これは夏の初め、ジエゴ・コスタがバカンスのためにブラジルに出かける前に自身のレンジローバーをトップチーム専用パーキングに駐めようとした際に起きた出来事である。

また同報道によると、施設の責任者達はジエゴ・コスタが今夏中にチェルシーを離れると推察し、彼のロッカーを明け渡す事も決定していたという。

しかし、移籍は決まらず、ジエゴ・コスタはチェルシーにとどまる事となった。
とはいえ、ジエゴ・コスタとアントニオ・コンテの対立は明白であり、ジエゴ・コスタは先日、発表されたチャンピオンズリーグ2017-18の選手登録リストからも外されている。