アレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は同クラブに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスに全幅の信頼を寄せているようだ。

 今夏、サンチェスはマンチェスター・シティへの移籍が有力視されていたが実現することはなかった。記者会見の場で同選手のモチベーションの低下について問われたヴェンゲル監督は「私はアレクシスに全く疑いを持っていない」と周囲の不安を一蹴した。

 アーセナルは昨季リーグ戦5位で終わり18年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。そんな状況のなかサンチェスのほかにチームの司令塔でドイツ代表MFメスト・エジルにも移籍の噂が流れていた。

 なお、両選手とも今夏での移籍はなかった。しかし今季終了後には契約が切れることもありヴェンゲル監督が2人に対しクラブ残留をどのように説得するかが注目される。

text by 編集部