著名な農民作家の逮捕が大きな話題に

写真拡大

 中国内陸部の安徽省蕪湖市で、22年前に4人の人間を殺害された事件の犯人として、数々の文学賞を受賞し、中国作家協会の会員でもあり、ミステリー作家としてテレビや新聞などで活躍する著名な「農民作家」が逮捕され、大きな話題になっている。

 31歳の時、知人とともに、同省と隣接する浙江省の小さな旅館で4人を惨殺。迷宮入りとみられていたが、最近になって、地元警察がDNA鑑定を導入し、遺留品のタバコの吸い殻などが決め手となり、逮捕されたものだ。

 男は自宅に踏み込んだ警官隊に「ずっと待っていました。自殺するため、殺鼠剤も用意していました」とすでに観念して、落ち着いた様子だったという。北京紙「新京報」が報じた。

 この作家は劉永彪で、蕪湖市郊外の農村地帯、南陵県の出身。農民だった父が1995年に自殺したことから、金に困り、同年11月下旬、当時42歳だった年上の遊び友達だった男と一緒に、数十キロ離れた浙江省湖州市の小さな旅館に泊まり、泥棒などを働くつもりだったという。

 旅館の客を襲って現金100元あまりと時計などを奪ったあと、騒ぎに気付いた旅館の経営者夫妻と13歳の孫も殺して逃走。

 警察は宿泊客だった劉ら2人を犯人と断定したが、「安徽省訛りの2人の男づれ」というだけで、証拠が乏しく、22年が経過、一時は迷宮入りとみられていたこともあった。

 捜査に転機が訪れたのは、地元警察がDNA鑑定を導入したこと。遺留品のタバコの吸い殻や現場に残されていた血液、さらに犯人の似顔絵などから、捜査線上に劉らが浮かんだという。

 劉は事件後、故郷に戻り、蕪湖市の文学の専門学校に入学。在学中に農村部での農民の貧しさや農作業の辛さなど、自身の体験をもとにしてリアルに描写した作品が評価され、地元の文学賞を受賞。「農民作家」として知られるようになり、その後も書いた作品が評価され、数々の文学賞を獲得。最近では農民文学ばかりでなく、歴史ものやミステリー、テレビの脚本を書くなど頭角をあらわしていた。

 最近は「一人の女流作家が多くの人々を殺しながらも、絶対捕まらないという作品を書こうと思う」と次回作を予告しており、自身の経験をほのめかしていたという。

 常州市の警察が劉の自宅に踏み込んだ際、劉は「この20年以上、逃げきれないと思っていました。あの日のことを思い出して、眠れない夜も数多く経験しました」と語るとともに、「自殺しようと、何回、殺鼠剤を飲もうと思ったか数えきれないくらいです」とも話し、心なしか、ホッとしたような表情を見せていたという。