■子育て世代の“交流の場”に

 小さな子供と母親が気軽に立ち寄れるコミュニティースペース&カフェ「コリコック」が明日香村にオープンした。

 子育て世代の“交流の場”として人気を集めている。

 里山などの屋外で幼児教育を行う「森のようちえん ウィズ・ナチュラ」(橿原市)の代表、岡本麻友子さん(41)が「幼稚園を持続可能なものにしたい」と昨年2月ごろに一念発起。同年5〜8月にインターネット上で資金を募る「クラウドファンディング」で資金集めを始めた。

 目標金額は90万円だったが、約230人から計約220万円の支援を受けた。岡本さんは「母親は横のつながりがあるようで、実はない。孤独に子育てしているお母さんたちに求められていると実感した」と話す。

 カフェには6つのテーブルを配置。約20人が、自宅のように靴を脱いでゆったりとくつろげる。親の目が届くところで、子供たちが遊べるキッズスペースも。料理は「日替わりランチプレート」やデザートまで充実した内容だ。授乳中のママも安心できるよう、手作りにこだわったほか、野菜はできるだけ地元の減・無農薬野菜を使っている。

 ベビーマッサージや、野菜生産者の話を聞くワークショップなども随時開催。岡本さんは「カフェやワークショップなど、さまざまなイベントや交流を通じ、子育てのヒントを得てほしい」としている。

 問い合わせは同カフェ(電)090・4493・6474。