(写真提供=FA photos)韓国vsウズベキスタン

写真拡大

サッカー韓国代表がなんとかロシアW杯行きを決めた。

韓国代表は9月6日(現地時間9月5日)、タシケントでウズベキスタン代表とロシアW杯アジア最終予選を行い、0-0のドロー。同時刻にグループAを2位で通過し、ロシアW杯出場を決めた。

6月にドイツ人監督ウリ・シュティーリケ監督を更迭し、その後任候補を巡ってはさまざまな論争が起きるも、最終的には“ソバンス(消防手=火消し役)”の異名を持つシン・テヨン監督に任せることになったが、とりあえずその務めを果たしたことになる。

シン・テヨン監督を推した元Jリーガーの技術委員たち、ほっと胸をなでおろしていることだろう。

緊急登板の新監督は役目を果たしたが…

これによって韓国は1986年メキシコ大会から続いていたワールドカップ連続出場記録を「9回」に伸ばした。一見すると結果オーライとすることもできるが、なんともスッキリしない。

韓国メディア『マイデイリー』などは「ワールドカップ出場を決めても笑うことができない、カラーなき韓国サッカー」とどこか自嘲気味ですらある。

筆者も韓国サッカーの取材を始めてかれこれ20年になるが、今回ほど苦戦を強いられた予選は見たことがなかった。前回ブラジル大会も最終節で出場を決めたが、韓国がここまで追い詰めたられたのは初めてではないだろうか。

シン・テヨン監督になって挑んだ初陣のイラン戦は0-0と勝ち切れず、ウズベキスタン戦でも決定機を外しまくった。

「予選突破」という実利を追求せねばならなかったとはいえ、普段から攻撃サッカーを提唱してきたシン・テヨン監督になっても2試合でノーゴールだっただけに拍子抜けといった感も否めないだろう。

「韓国はアジアBクラス。日本がうらやましい」

しかも、今回の最終戦予選で韓国はシリア(0-0)、イラン(0-1)、中国(0-1)、カタール(2-3)と、敵地で一度も勝利できなかった。

3敗でも予選突破できたのだから、かなり運に恵まれたとしかいいようがないだろう。

「もはや韓国はアジアの強国ではない。アジアのBクラスに成り下がってしまった」とは旧知の韓国サッカー記者たちがこぞって口にする嘆きだ。先週のイラン戦直後には、ハリル・ジャパンがワールカップ出場を決めたこともあって、「日本がうらやましい」とこぼす記者も多かった。

就任時はどういうわけかハリルホジッチ監督を「クィシン(鬼神)」と呼び、何かと対抗心や厳しい指摘を繰り返してきた韓国メディアだが、最近はその手腕を高く評価しているほどなのだ。

韓国のサッカー関係者たちが羨むのは、ハリル・ジャパンだけではない。

日本は今季のACLで浦和レッズ、川崎フロンターレがベスト8に駒を進めたが、Kリーグ勢は済州ユナイテッドしかグループリーグを突破できず、その済州も浦和戦で前代未聞の醜態をさらして姿を消している。

Kリーグ勢が1チームもACLベスト8に進出できなかったのは2008年以来9年ぶりのことだけに、関係者たちもショックを隠せない。

「中国には資本で、日本にはシステムと環境で敵わないが、実力ならKリーグ」というのが韓国のサッカー関係者たちの心の拠り所であったが、もはや実力面においても韓国サッカーの地位失墜は明らかなのだ。

深刻すぎるKリーグの実態

何よりも深刻なのは、Kリーグの低迷ぶりだろう。

Kリーグの不人気ぶりは以前から指摘されてきたが、近年は特に酷い。

1部リーグに相当するクラシックの平均観客数は1万人どころか、7000人も割り込む有様で、クラシック下位グループの江原FCの1試合平均は2000人前後しかならない。2部リーグに相当するチャレンジに至っては、1000人にも届かない試合すらある。
(参考記事:転げ落ちるようにKリーグの観客動員数がさらに激減…その原因はどこにあるか

こうしたKリーグの人気低迷ぶりに関しては、有力選手たちの海外流失などによるスター不在や、目の肥えたサッカーファンを満足させられないサッカーの質の低さなどがその原因として挙げられているが、それだけが人気低迷の原因ではない。

八百長問題や審判買収、さらにはその関与者であったスカウトが謎の自殺を遂げるなど、スキャンダラスな不祥事が続いていることも関係している。

今やKリーグは自国民たちからも愛想を尽かす状態なのだ。

振り返れば、そうした危機的状況に追い込まれるたびに韓国サッカーは「ワールドカップ」という名の刺激剤に助けられて、絶体絶命の命を取り留めてきた。

極端にいえば、ワールドカップ出場切符が、韓国サッカーの延命装置になってきたともいえなくもない。

今回も辛うじてその延命装置を手にすることができたわけだが、それがはたして韓国サッカーにとって本当に良いことなのだろうか。

韓国のサッカー専門誌『FourFourTwo KOREA』編集長のホ・ジェミン氏も言っていた。

「これまでも韓国サッカーが窮地に立たされたことはありましたが、現在はこれ以上後退したら二度と立ち直れないのではないかと危惧するほどの状況。

人の身体に例えていえば、どれだけ激しく転んだとしても体力が残っていれば立ち上がれますし回復もできますが、今の韓国サッカーにはその体力すら残っていないようなもの。もはや自ら治癒できる力すら残っていないのです」

ロシアには行ける。ただ、決まったのはそれだけのことだ。延命処置が施されたに過ぎないのかもしない。筆者もそう思えてくるのである。

欧州遠征やテストマッチで立て直せるか

ひとまずロシア行きを決めた韓国代表は今後、チームの立て直しを図る。

先日取材した韓国サッカー協会(KFA)関係者によると、10月のAマッチ期間には欧州遠征に出て現地でアフリカ勢やヨーロッパ勢とAマッチを行う計画があるという。

11月にも2度のテストマッチを予定しており、12月には日本で行われる東アジアカップに出場することになっているが、そこでも不甲斐ない姿を露呈することになるではないかと、少々憂鬱になってくる。

韓国サッカーの行く先は、未だ五里霧中にして前途多難だ。

(文=慎 武宏)