10月17日(火)よりスタートする井上真央主演ドラマ「明日の約束」(毎週火夜9:00-9:54、フジ系)で”毒親”役を演じる仲間由紀恵/(C)カンテレ

写真拡大

10月17日(火)よりフジ系で放送される、井上真央主演ドラマ「明日の約束」(毎週火夜9:00-9:54)のキャストに仲間由紀恵、及川光博、工藤阿須加らが追加決定した。

【写真を見る】工藤阿須加、保育園の先生から今度はブライダル会社勤務のサラリーマンに!/(C)カンテレ

同ドラマは、井上演じるスクールカウンセラー・藍沢日向が、勤務先の高校で起きたある男子生徒の不可解な死の謎を追うヒューマン・ミステリー。

仲間演じる吉岡真紀子は、後に謎の死を遂げる息子・圭吾(遠藤健慎)を愛するが故に異常なまでのプレッシャーを与え続けてきた”毒親”だ。不登校の圭吾のために家庭訪問に来た日向に対しても、強烈な不信感を抱いていく。

また、及川は日向が務める高校の教師で圭吾の担任の霧島直樹を、工藤は日向の恋人・本庄和彦を演じる。さらに、日向の同僚・北見雄二郎役に白洲迅、大宮奈緒役で新川優愛が出演する他、ヒステリックな言動で娘を縛り続ける日向の母親・尚子役に手塚理美、圭吾の死を追うジャーナリスト・小嶋修平役に青柳翔が決まった。

これまでにもミステリアスな女性の役を演じ、今作でも”毒親”の怪演っぷりが期待される仲間は「“高校生の死”という衝撃的な内容に、今回の作品のテーマの重要さを感じています。

私が演じる真紀子はどこか行き過ぎたように見える愛情を持つ母。“子供を育てる”という大役を背負っている『お母さん』の心の中にある孤独、そして強さを、愛をもって演じていきたいと思います。

一人の男子高校生を取り巻くさまざまな環境を通して見えてくる、現代社会を生きる人々の闇、さまざまな問題を、祈りの心でお届けします。強いメッセージを持った作品です。ぜひ、ご覧ください」とコメント。

さらに、今作ではベテランの俳優陣に加え、高校の生徒役で金子大地、渡邉剣、山口まゆ、井頭愛海らフレッシュな顔触れもそろう。