メキシコのスタイルは、味方とのコンビネーションがベース。6月のコンフェデ杯でも、その特長が見られた。(C)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 先日のサウジアラビア戦では今ひとつの出来だった本田圭佑だが、自身は今季よりメキシコの強豪パチューカに新天地を求めた。これまで日本人選手が海外クラブに新天地を求める場合、「ヨーロッパ」がいわばファーストチョイスだったが、これをきっかけに北中米も新たな選択肢となり得るのか。メキシコ・サッカーの特徴も含めて、サッカーライターの清水英斗氏に見解をいただいた。
 
――◆――◆――
 
 中堅クラス以上の日本人選手が北中米のクラブへ移籍するのは、慎重になったほうがいい。なぜなら、MLS(メジャーリーグサッカー)をはじめとした北中米のサッカーは、基本的にフィジカルが重視されるため、そのスタイルに日本人選手がフィットするのは簡単ではないからだ。
 
 もちろん、身体は小さくても、日本人らしい繊細なテクニックを生かし、助っ人としての独自性を発揮できるところまでいければ逆に重宝されるかもしれないが、そこまで到達するには時間がかかる。若手が、数年間プレーする覚悟でチャレンジするのならいいが、ある程度、完成された中堅・ベテランが行くのは、やはりリスクが大きいと思う。
 
 ただし、北中米の中でもメキシコだけは話が別だ。この国は、他とスタイルがまったく異なる。
 
 メキシコのサッカーは技術力がベースで、戦術的にもかなり繊細だ。今年6月のコンフェデレーションズカップに出場したメキシコ代表を見ても、彼らは3バックと4バックを併用しつつ、自在にポジションチェンジを繰り返しながら相手ゴールに迫っていた。なにより驚かされたのは、その連係のスピードだ。
 
 以前、メキシコのクラブで指導をしていた日本人コーチに聞いたことがあるが、あのポジションチェンジの速さは、瞬時の判断ではなく、オートマティズムによってもたらされているものらしい。トレーニングで「型」を反復練習し、オートメーション化された一つひとつのパターンを、選手の頭と身体に染み込ませる。だからこそ彼らは、スピード感溢れるコンビネーションで敵を混乱に陥れることができるのだ。日本人はこうしたサッカーに合うのではないかと思うが、なにぶん実例が少ない。今回の本田圭佑のパチューカ移籍が、いわば試金石になるだろう。
 また、メキシコの大半のクラブは資金が潤沢で、選手のサラリーも総じて高い。報道によれば、本田の年俸は4億円を超えると言われている。それでいて、中国や中東など年金リーグと揶揄される国に比べれば、サッカーのレベルははるかに上なのだ。
 
 だから、本田がパチューカでスタメンの座を得られる保証はまったくないが、質の高い競争に身を置けるのは、間違いなくプラスだろう。来年のロシア・ワールドカップを見据えて、実に面白いチョイスをした。
 
 一方で、本田のこれまでのクラブの選択には、爛蝓璽阿龍豪〞という共通項がある。欧州での最初のクラブとなったVVVフェンロは別にして、その後のCSKAモスクワ、ACミランは――後者は低迷期が長いが――、いずれも強豪クラブだ。今回、彼が新天地に選んだパチューカも、メキシコきっての強豪である。
 
 その国のリーグにおけるビッグクラブを選択すること。それは格という意味だけではなく、プレーの相性を考えても重要なポイントだ。
 
 本田は単独で個性を発揮するタイプではない。周りとの連係やインテリジェンスを生かしながら、爛繊璽爐僕くプレー〞をする。そういう選手だから、上質なアタッカーを揃えた攻撃的なビッグクラブのほうが、都合がいいのだ。
 
 逆に残留を最大の目標に掲げる下位クラブの場合、まずは失点を減らすことを考え、攻撃に関しては爛僖錙璽皀鵐好拭〞や爛好圈璽疋皀鵐好拭〞頼みになりがちだ。つまり、 独力で攻撃を完結させられるアタッカーが重宝されるわけだが、そうした能力は本田にはないし、また、そういったチームの中盤に入ると仕事が単純化され、彼の良さが出ない。
 
 今回、プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラの下位クラブからもオファーがあったと報道されているが、それを蹴ってメキシコの強豪を選んだのは、本田が自分自身を知っているがゆえではないだろうか。

文:清水英斗(サッカーライター)
 
※『サッカーダイジェスト』8月10日号(7月27日発売)「THE JUDGE」より抜粋