瑛太、深田恭子、森田剛らヒーローショーで斬新コスプレ『ハロネズ』第9話

写真拡大

瑛太主演の連続ドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系列、毎週金曜22:00〜)第9話が、9月8日に放送。今回はFILE7「下赤塚戦士レッドマン」と題し、主人公のゴロー(瑛太)たちが斬新なコスプレを披露する。

本作は、東京都板橋区の下赤塚にひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」を舞台に、探偵「ハリネズミ」ことゴローやグレ(森田剛)、蘭子(深田恭子)らが、時に人情味あふれる哀しい事件に、また時に想像を超える難事件に挑んでいく姿が描かれる。

事務所の家賃を5か月も滞納していたことが発覚した「あかつか探偵事務所」。依頼を獲得するため、ゴローたちが「何でもやります」というビラを街で配っていると、悪役レスラーとして有名な外道番長(後藤洋央紀)が通りがかる。

ファンであるゴローが急いでサインをもらいに行くと、柄の悪い風貌とは裏腹に、外道番長は優しくファンに接する。しかし、たまたま通りかかった幼稚園教諭・杏里(樋井明日香)を見ると表情が一変した。

その後、ビラを持った杏里が事務所を訪問し、「夏休みなのに遊びに連れて行ってもらえない園児たちのために、ヒーローショーをやってもらいたい」と相談する。探偵業務とはかけ離れた依頼に困惑するゴローだったが、背に腹はかえられず引き受けることに。しかし舞台当日、招かれざる訪問者が幼稚園に来る。最恐ストーカーの正体とは?

ヒーローショーでは、グレ、蘭子、所長のかほる(山口智子)、ゴローたちが通うスナックのマスター(中岡創一)、アルバイトの萌美(片山萌美)らがコスプレをして登場。いつもとは違う斬新な出演者の姿にも注目だ。