【え、1万円なんですか】ドンキのスーツケースに笑っちゃう理由

写真拡大 (全7枚)

出張や旅行の相棒、スーツケース。「ドン・キホーテのスーツケースが良いよ!」と耳にしたのですが、ただでさえストレスがたまる出張や旅行に格安品で大丈夫? 逆に疲れたりしない?……という疑問符を解消するべく試してみたところ、これがいい仕事をしていたんですよ!


荷物が増えても大丈夫!
容量を増やせるスーツケース


旅の必須アイテム・スーツケース。数ある有名メーカーから発売されていますが、まだ使い勝手の良い運命の一台に出会えていない……。そんなアナタにオススメしたいのが、ドン・キホーテの1万円スーツーケース。

高さ、幅、奥行きの長さを足して115cm以内、重量10kg以内という、100席以上の航空機に持ち込める「機内持ち込み」対象モデルです。※持ち込む際は、事前に必ず各航空会社にお問い合わせください。

価格からすると、「その場しのぎ」「間に合わせ」なイメージを抱いてしまうかもしれませんが、その実力を検証してみると、意外にも(?)すご〜く便利。

本当にコレで1万円でいいの? と、思わず笑っちゃうレベルで使えるんです。


2段階拡張機能が超便利
旅先で荷物が増えてもどんとこい!


昨年末に発売した「ダブル拡張機能付きジッパーキャリーケース」は、人気商品「ジッパーキャリーケース」のプレミアム版。ふたつのジッパーを開けて容量を拡大すると、約38%も多く荷物を入れられるようになる拡張機能が特長です。



情熱価格PREMIUM(ドン・キホーテ)
ダブル拡張機能付き ジッパーキャリーケース Sサイズ
実勢価格:1万789円
サイズ:47×34×23〜36cm
容量:37〜51L
重量:3.6kg
宿泊目安:1〜4日

拡張ジッパーを広げると、幅が最大13cmもアップ! 拡張は2段階で増加できるため、旅先での増えた荷物の量に合わせて容量を調節できる点がとても便利なんです。どのくらい容量が増えるのかは次の画像をご覧ください。

Before



拡張しない通常モードでは23cm。旅先で増えた荷物のせいで、どんなに押し込んでも入らない……。あるある。

After



ジッパーを解放すると、じゃばら部分がびよ〜んと伸びて36cmになりました! 最大容量が約4割増え、高さのある革靴やポーチもスッポリと収まっています。

出発時はコンパクトに、帰りはジッパーを拡張すれば買いすぎたお土産もバッチリ収納できます。これならサブバッグや持って行く手間も、お土産袋を提げて歩く必要もありませんね。ただし、サイズ的に機内持ち込みができなくなる可能性がありますのでご注意を。

さて、この製品の魅力は容量拡張機能だけではありません。ドンキのスーツケースにはユーザー目線の工夫がいっぱい詰まっているのです。

ドンキの工夫 ダブルキャスター

ダブルキャスターで強度があり、最大容量まで詰め込んでもラクに動かすことができます。



軽い力でスイスイ動くので移動がラク! 安定感もあります。

ドンキの工夫 薄型TSAロック

新しい薄型TSAロックを採用しています。スリムになったぶん、スタイリッシュになりました。



出っ張りが少ないので、ロック部がぶつかったりして壊れるリスクを減らしてくれます。

ドンキの工夫 伸びる取っ手

取っ手の伸びがよく、重い荷物を入れて持ち上げてもしっかりと本体を支えてくれます。



しっかりと手を差し込める取っ手で、階段移動も安心!

正直、「ドンキのスーツケースなんて大したことないでしょう?」と思っていました。今では「このお値段でこんなに便利でいいの?」と指名買いしたい勢いです。ドンキのスーツケース、アリですよ!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。