金正恩氏率いる北朝鮮は、引き続き積極的にミサイル発射や核実験を行っている(写真:ロイター)

北朝鮮問題の出口が見えない。北朝鮮がグアムへのミサイル発射計画を中止したことで、米政府も対話の可能性を示唆していたが、先月末には北朝鮮が再び北海道上空を通過するミサイル実験を行ったほか、9月3日には6回目となる核実験を実施。米政府も再び警戒感を強めている。
度重なるミサイル実験は、朝鮮半島における軍事衝突の可能性を高めているのか。米シンクタンク、ブルッキングス研究所の中国センター長、ジョナサン・ポラック氏に聞いた。

北朝鮮首脳陣はクレージーではない

――北朝鮮による9月3日の核実験により、米国が軍事行動に出る可能性に言及するまで緊張感は高まっています。米国が有している軍事的選択肢、あるいは、外交的取り組みについてどう考えていますか。

北朝鮮はプロパガンダを激しく行っていると感じており、米国はそこから多くのことを学べるだろう。米国内外でさまざまな報道が出ているが、多くは情報が不十分。今はしっかり時間をかけて北朝鮮の発言の真意を読み取る作業が必要だ。

北朝鮮の首脳陣はクレージーではない。核開発プログラム、挑発的なミサイル発射実験、核兵器実験は本質的に危険だが、現時点では、北朝鮮に対して抑止力が機能している、と考えている。1953年の朝鮮戦争の停戦以来、この抑止力は機能してきたし、今後も機能し続けるだろう。

抑止力を機能させ続けるには、北朝鮮が一度核兵器を使用すれば、米国の全面的な報復によってすべてが終わる、ということをハッキリとした態度で、北朝鮮に伝え続ける必要がある。

――米国が北朝鮮の核施設やミサイル発射施設を先制攻撃する可能性は増している?

ドナルド・トランプ大統領は最近、「予防戦争」という言葉を口にし続けており、北朝鮮の核兵器開発能力と、同政府からの挑発的脅迫だけで、米国が北朝鮮に対して軍事行動に出る十分な理由になることを示唆してきた。

だが、トランプ大統領が本気でそう思っているとは思わない。大統領はいつもちょっとした注目を集めたがっているし、単にいらだっている可能性もある。ハーバート・マクマスター国家安全保障担当大統領補佐官も同じ路線の発言をいくつかしている。金正恩氏は必ずしも抑止力の決まりを支持しておらず、米国からの報復を恐れて攻撃を断念することはない、といった主旨の主張をしている。

ここで問題なのは、こうした発言が本気なのか、ということだ。トランプ大統領が軍にあらゆる軍事的選択肢を提示するように求めた、ということはありうる。そして軍はある種の簡略化された方法で、それを行ったかもしれない。

しかし、私はいつも講演があると、「深い闇に包まれながら明らかな話」として聴衆に伝えるのだが、米政府関係者が何を言っているかに関係なく、米軍の軍事行動のすべての選択肢が示されるわけがないのだ。最も恐ろしい結果を招く可能性が非常に高いことを考えれば、米国が朝鮮半島での予防戦争を現実的に、合理的に検討することなどありえない。

この姿勢は、百戦錬磨の退役海兵隊大将、ジェームズ・マティス国防長官によって最も顕著にうかがえる。ジョン・F・ケリー退役海兵隊大将がいまやホワイトハウスの首席補佐官であるという事実もこれを裏付けている。朝鮮半島での予防戦争は、北朝鮮だけでなく、韓国を含めた極東アジアに想像を絶する規模の壊滅的影響を与えることを2人はわかっているのだ。

一部の想像力に富んだ人々の妄想には、北朝鮮に対する2種類の予防戦争が登場する。1つは通常兵器で地上爆撃するものであり、もう1つは核兵器で爆撃するものだ。これはさすがにトランプ大統領でさえ、容易に「やる」と決められないことだ。

北朝鮮の寝首をかくのは無理

――予防的軍事行動について2つの話があります。1つは、金正恩氏は分別がないので、抑止不能だという話。もう1つは、北朝鮮政府は米国における政策論争を認識していて、どの程度までなら米国が軍事行動をとらないとわかっているという話。つまり、北朝鮮は米国が軍事行動をとるとは思っておらず、対応も考えていないため、米国はそのすきを突くことができるだろうし、北朝鮮はそれに報復をすることができない、と。

米国が北朝鮮のすきを突ける、というのは大間違いな思い込みだ。北朝鮮は世界で最も重武装した国のひとつだ。話に出ている予防戦争の目的は、見つけられるかぎりの場所で、北朝鮮の核兵器およびミサイル開発機能をマヒさせることにある。ただ、北朝鮮の貯蔵兵器の非常に多くが、山間部や地下トンネルの中にあるので、果てしない空爆作戦が必要となるだろう。米国がいつまで続くか見当がつかない空爆作戦を続けているさなか、どうやって北朝鮮のすきを突けるというのだろうか。

朝鮮戦争の間、米国は北朝鮮を圧倒した。しかしその後の60年という長い年月の間に、北朝鮮政府は戦闘の準備をしてきている。現在の北朝鮮のシステムはすべて、米国やその他の多くの国は敵であるという前提のもとに成り立っている。北朝鮮の寝込みを襲うということは、信憑性のある主張だとは、私には思えない。

金正恩氏と抑止力に関して言えば、同氏が衝動的で残忍であり、たとえ家族であっても、自身に異議を唱えるおそれがある人物を躊躇なく殺害する一面を持ち合わせていることは明らかだ。私が知るかぎりでは、金氏は一握りの人間にしか耳を傾けていない。ただ私は、同氏をクレージーだとか、戦略的に理解に苦しむ人物とは思わない。確かに彼は、元NBA選手のデニス・ロッドマン氏を唯一の米国人の友人と見なしたり、変な髪型をしたりと変わったところはある。

だが、彼は決定的なリスクを冒すようなことはしていない。北朝鮮政府は自分たちがうまく言い逃れができると思うことを、用意周到に計算して行っている。北海道上空を通過した最近の弾道ミサイル実験のように、確かにリスクを冒していると思われる行動もある。これが深刻な事態に発展する可能性はあった。しかし、北朝鮮政府は米国がこれを実験と見なして対処しないだろう、と計算ずくのうえで実験を行ったのだ。

北朝鮮政府は利口で、機略に優れている

弾道ミサイルの実験をするうえで、北朝鮮には厳しい地理的な制限がある。通常の軌道で実験ミサイルを発射するところがすべて他国の領土上空になるからだ。北海道上空を飛行したミサイルの発射実験の前まで行われていた、ミサイルをより高い領域まで発射するロフテッド軌道にすることによって、同政府が非常に利口で、機略に優れていることがわかった。

この軌道で得られる実験結果は、通常とは異なるが、ここから多くのことを学んだはずだ。そして、この実験は、果てしないリスクを伴うものにはなっていない。つまり、当初言っていた、グアム島近海への発射より相当リスクは低かったのだ。

もちろん今が、米国、日本、そして韓国にとって理想的な状況とは言いがたい。しかし、現在のところこの状況を我慢しているということは、仮に予防的軍事行動の現実的な選択肢があったとしても、それはあまりに限られているということを如実に表している。

――つまり、考えられているような予防的な軍事行動は不可能だと。それでは、もし北朝鮮が軍事攻撃を始めようとしていると判断した場合、米国が先制攻撃をする可能性はありますか。

数十年間、米国は朝鮮半島においては、仮に北朝鮮が朝鮮戦争を再開させた場合、その攻撃を阻止し、韓国を守ることを念頭に基本的な計画を立ててきた。

が、ここへきて問題を複雑にしているのは、北朝鮮がサイバー戦争を視野に入れたような能力を備えようとしていることだ。こうした能力が大戦争に発展することはないが、放っておくと、米国が日本や韓国にかかわるうえでの信頼関係にヒビが入る危険性が生じる。米韓同盟や日米同盟を弱体化させることは、長い間北朝鮮が目指しているものだ。これは米政府と、北朝鮮政府が行わなければならない違うリスク計算だ。

より「伝統的」な先制攻撃の場合、米軍はダムから核施設まであらゆるものを攻撃しなければならないだろう。米国の先制的軍事行動は、北朝鮮による全面的な報復攻撃を想定したものになる。ここで重要になるのは、米国の情報分析の確度だろう。イラクに関する米国の情報分析は不十分な点が多かったが、北朝鮮はそれよりはるかに分析するのが難しい国だ。

――その点について、米国はどのくらい自信を持っているのですか。

米国は非常に注意深く事態を観察している。たとえば、北朝鮮は最近の発射を、平壌近くの施設で実施できるように計画していたという証拠を発見した。以前このような場所で実験を実施したことはなかった。

北朝鮮からの情報は、以前より多く流出している。私が知っている韓国政府の幹部職員によると、「北朝鮮のような腐敗したシステムの中では、情報を入手することはそんなに難しいことではない」ようだ。つまり、仮に戦争が起きるという証拠を発見すれば、米国は情報をかき集めて、検討することができる立場にあるということだ。

米国は北朝鮮の攻撃を抑止するために、そして先手を打つか、攻撃に対して報復するかのいずれかのために、韓国と軍事演習を行っている。先制攻撃は見込み違いのリスクがあるために、軽率に行うものではない。もし米国が戦争の兆候を察知すれば、その被害をできるだけ抑え、可能であれば北朝鮮の攻撃を未然に防ぐことが最優先になるだろう。

先制攻撃の可能性は高まっている

――先制攻撃と報復の違いは、紙一重に近い。

そのとおりだ。先制攻撃をするには、北朝鮮の首脳陣たちの考え方を知り、ひっきりなしに行われるプロパガンダと、北朝鮮という魔法の王国の真意は何なのかということとを、識別することが必要になる。

私の直感では、北朝鮮のミサイルと核開発能力の進化によって、先制攻撃の可能性は高まっている。北朝鮮が核兵器を使うかどうかはわからないが、こうした兵器やミサイル開発の進化は、先制攻撃の可能性を下げるどころか、上げている、と感じている。それは、過去と比較して、北朝鮮について懸念する事態が増えていることが背景にある。

――一方、北朝鮮の攻撃に対する報復に関しては、米国の政策立案者たちはそこまで真剣に話し合っていませんが、米国による報復はかなり強いものになるのでしょうか。

それは間違いない。この戦争は信じられないくらい破壊的なものになるだろうが、米国は躊躇しないだろう。

米国はこのこと、つまり、米国は恐れず反撃するということを、北朝鮮政府に繰り返し伝えなければならない。これは何十年間にもわたる米国の方針であり、これが変わることはない。そして、米国のこのスタンスを北朝鮮に理解してもらわなければならない。これは抑止力にとって不可欠なものであり、朝鮮半島で数十年間機能してきたものだ。北朝鮮による核兵器の所有が、この状況を本質的にさらに危険にしている。だが、抑止力の根底にある力学は、まだ機能している。