お笑い芸人の千原ジュニアさんが、2017年9月3日に放送された日本テレビ系トークバラエティ番組『にけつッ!!』に出演。先輩を気遣うゆえに起きた、痛々しいハプニングを明かしました。

「まさか、そこまで無理しちゃう?」

エピソードを聞き、頑張りの勲章を見た共演のケンドーコバヤシさんは驚愕すると同時に感心していました。

関根勤さんとトーク中に起きた悲劇とは

ジュニアさんはある日、TV局の駐車場でバイクに乗ろうとしたところ、偶然、先輩である関根勤さんと出会います。

関根さんはジュニアさんが乗っていたバイクに興味を示し、そこから2人のトークは大いに盛り上がったそうです。

しかしその時すでに、ある異変がジュニアさんに起きていました。

バイクのマフラー部分に素足が…

その日のジュニアさんは、Tシャツに短パンというラフなスタイルだったそうです。

関根さんと話している最中、バイクのマフラー部分がうっかり素足に接触!なんと、火傷をしてしまったとのこと。

しかし、ジュニアさんはある一心で熱がる素振りを見せなかったというのです。

(関根さんとの)会話を途切れさせたらあかんと思うからさ。

ここでさ、「アツ!」ってなって、「(関根さんが)ごめんねごめんね」ってなっても悪いなって思うからさ。

何にもない感じで(接していた)。

にけつッ!! ーより引用

「関根さんとの会話を途切れさせてはいけない」という思いで、態勢を変えずに、平然と会話を続けていたのです!

なんという我慢強さと、先輩を立てる気遣いの心。

このエピソードを聞いていたケンドーコバヤシさんも「偉いな〜」「精神力えげつないですね」と、感心していました。

ジュニアさんはその時の火傷の跡を見せ、皮膚は変色しているのに、その部分に生えている毛は焼けていなかったと主張。「不思議じゃない? その時、この毛はどうなってたん」と、ボケて終わらせました。

視聴者の反応は?

いくら先輩のためとはいえ、よくそこまで我慢できましたね。火傷したことはともかく、先輩を立てようというその心構えは素敵だと思う。ジュニアさんって、とても根性がある人なんですね。とりあえず、ジュニアがいいヤツということは分かった。さすがにそこはいおうよ。関根さん、優しい人だから逆に傷ついてしまいそう。ジュニアさんが先輩から可愛がられる理由が分かる気がする。

先輩を立てる気持ちは素晴らしいですが、無理のしすぎには十分気をつけてくださいね。

[文・構成/grape編集部]