【詳細】他の写真はこちら

マンガアプリ『マンガボックス』で連載が開始されるや、すぐさま人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ『恋と嘘』。コミックス発売後も重版を連発し、アニメ化も決定している本作が、原作と繋がりを持つアナザーストーリーとして待望の実写映画化。10月14日に全国公開される。

そして、9月6日、公開に先がけて、森川葵、北村匠海、佐藤寛太、古澤健監督を迎え、完成披露試写会が開催された。

初お披露目ということもあって、本作をいち早く観ようと押し寄せた300人の観客が今か今かと待ちわびるなか、森川葵、北村匠海、佐藤寛太、古澤健監督が登壇すると、会場は黄色い大歓声に包まれた。

まずは主演の森川より「私、こんなに『キャー』と言ってもらえることがないのですごいうれしいです!」と喜びを露わにし、続けて北村は「これから映画が上映されますが、今日は最後まで楽しんでいってください!」、佐藤は「今日はお足元の悪い中、お越しいただきありがとうございます!」、古澤監督は「皆さんがこの映画の最初の目撃者ですので、同じチームの仲間として楽しんでいっていただけたらと思います」とそれぞれ挨拶。

まず、初共演となった3人は一緒に演じた感想を問われると、北村は「寛太君は本当に小学生のようでした。朝7時からマシンガントークで面白い話をしてくれました」と明かし、古澤監督も「こんなにカッコいいのに中身は少年マンガそのもの」と暴露! しかし、北村は「そんな寛太君がいてくれたからこそ、現場がすごく明るくなったし、楽しく過ごせました」とすかさずフォローし、仲の良さを窺わせた。

イジられる佐藤もそれを受けて、「確かにずっと喋っていましたね(笑)。撮影では、3人での共演シーンが少なかったので、それ以外のところで空気感を作れたらいいなと思っていました」と当時を振り返った。

さらに、古澤監督が「寛太君は感激屋」と証言。森川も「私が泣くシーンだったんですが、なかなか泣けないまま演技していたんです。そしたら、そんな私の芝居を感じ取って逆に寛太君が泣いてしまったんです」と感受性豊かな佐藤のエピソードを明かし、会場を沸かせた。

次に、作品をこれから観る観客に向けて注目ポイントを聞かれると、森川は「葵が司馬と高千穂のほっぺに指をツンとする“ほっぺツン”シーンがあるんですが、そのときのふたりの表情がかわいいです」とキュン要素をアピール。そして、北村が「僕は司馬を演じたんですが、完成した本編を観て高千穂推しになりました。葵と高千穂のデートシーンはとてもかわいいのでぜひキュンキュンしてほしいですね」と褒めちぎると、佐藤は「逆に僕は、葵と司馬のふたりのシーンが作品を観終わったあとも心にジーンと残りました。ひと言で言えば、全編通して見どころ満載なのでずっと集中して観てください!」とまとめ、会場の笑いを誘った。

また、MCより「作品の世界観を形成する、国民の遺伝子を分析したうえで“最良”のパートナー=結婚相手を政府が選ぶ“超・少子化対策法”という政策が、現実に存在するとしたら?」と問われると、森川は「自分に“最良”の相手は気になるので会ってみたいです」と語り、佐藤も「遺伝子診断テストと性格診断テストを元に国が選んでくれるので、それで自分に選ばれた人は確かに知りたい」と同意見。

北村も「演じる前は自由恋愛派だったんですが、本編を観た今は平等に幸せの機会を与えてくれる<政府通知>がある世界も素敵だなと思いました」と3人とも肯定派であることが発覚。

そんななか、3人のキャストそれぞれに“最良の相手”を観客の中から選出するというサプライズ演出が行われた。

突然の出来事に会場のボルテージが最高潮に達するなか、スペシャルゲストとして、芸能界最強占い師のゲッターズ飯田が登場。事前に観客に取ったアンケート結果とキャストを占った結果を照らし合わせて、飯田がベストパートナーを選出。

森川の“最良”の相手はなんと女性! 男性の観客からは“最良”の相手と呼べるほど相性の良い人がいないという結果だったために、今回最も相性の良かったさきんちょさん(ニックネーム)が“最良”の友達として選ばれた。

驚いた様子のさきんちょさんは「うれしいです!」と心境を明かすと、森川は「ありがとうございます! ぜひお友達から」と握手を交わし、会場は大盛り上がり! 飯田は“最良”の理由として「森川さんはおっちょこちょいなんです。そんな森川さんを、さきんちょさんは優しく見守れるんですね」と説明した。

次に、「北村さんには友達の延長のような恋が良い。マイペースなところがとても相性がよかったです。しかも、彼女は物事をはっきり言う性格をしているので、それに対抗する北村さんですが、喧嘩をするうちに恋が始まるでしょう」との理由で、北村の“最良”の相手に選ばれたユカさんは「びっくりです……! うれしいです、ありがとうございます!」と興奮を抑えきれない様子。

そして、「彼女は情報が好きで、佐藤さんは知的好奇心が非常にある。加えてふたりとも変わり者なので相性がいいですね」と佐藤さんの相手に選ばれたユーカッパさん(ニックネーム)は「変わっているとはよく言われます」とコメントすると、佐藤も「僕もよく言われます」とさっそく相性の良さを見せ、観客から黄色い声援が飛び交った。

最後に、森川は「私はこの映画の撮影期間中に匠海君と寛太君という素敵なパートナーに出会いました。この映画をぜひたくさんの方に観ていただいて、身近にいる人を大切にしてほしいです。この『恋と嘘』、ぜひ皆さんも一緒に盛り上げていきましょう!」とメッセージを送り、終始熱気に包まれたイベントは興奮冷めやらぬまま幕を閉じた。



映画情報



『恋と嘘』

10月14日(土)全国ロードショー

出演:森川葵 北村匠海 佐藤寛太

浅川梨奈 田辺桃子 / 温水洋一 遠藤章造 中島ひろ子 三浦理恵子 木下ほうか / 徳井義実

監督:古澤健(『ReLIFE リライフ』)

脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)

原作:『恋と嘘』ムサヲ(講談社)

主題歌:阪本奨悟「HELLO」

制作プロダクション:The icon

配給:ショウゲート

(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社

映画『恋と嘘』作品サイト

http://koiuso.jp/