この代表ウィークで、最も印象的だった選手は?編集部がセレクト!

写真拡大 (全5枚)

8月末から行われてきたインターナショナルマッチウィーク。各地で重要な試合が立て続けに行われ、ワールドカップ出場を決める国も次々と現れている。

日本代表もオーストラリアとの大一番を制して予選突破を決め、国全体が大きく盛り上がりを見せた。

では、この代表ウィークに印象に残った選手は?編集部にアンケートを取ってみたぞ。

編集部K:オーマル・アル・スーマー(シリア)

アジアだけでなく、世界の予選すべてを合わせても、最も驚きだったのはアル・スーマーのシリア代表復帰だった。

ロンドンオリンピック予選で日本とも対戦した1990年生まれのストライカーは、クラブレベルで強烈な得点力を発揮しながら、シリア代表に入ることを拒否してきた。

アル・カディシヤーから移籍したサウジアラビアのアル・アハリでは、なんと1試合1得点を超えるペースでネットを揺らし、もはや「別次元」の男。

「シリアのイブラヒモヴィッチ」とも呼ばれてきた彼は、それでも「個人的な理由で」故郷のシリア代表入りを拒否し続けた。

その理由は妻の故郷であるサウジアラビアへの帰化を狙っていたからだというが、今回ついに復帰を決断。

そして迎えた5日のイラン戦、1-2とビハインドで迎えた後半アディショナルタイム。アル・スーマーの右足がゴールを破った!

これによってシリアはグループ3位を確定させ、プレーオフへの出場権を獲得。帰ってきたアル・スーマーは、まさに「ヒーロー」となった。

編集部S:ベン・ウッドバーン(ウェールズ)&デイヴィ・プロッパー(オランダ)

ジェラードが引退した今、リヴァプールファンにとって最も期待値の高い若手がウッドバーンだろう。

すでにリヴァプールでも鮮烈なデビューを飾っているが、まさかA代表の初戦でもいきなりゴールをあげるとは…。

やはり何か特別なものを“持っている”という印象だ。こういう選手が出てくると、今後ウェールズはおもしろい存在になっていくかもしれない。

プロッパーは総合力が高く、良い選手なのは知っている。A代表に招集されるのも納得で、プレミアリーグという舞台での活躍にも期待している。

しかし、デニス・ベルカンプやファン・デル・ファールト、ファン・ニステルローイといった選手がつけてきたオランダの背番号「10」をつけるにはやや荷が重いとも感じた。

もちろん、選手の価値は背番号で決まらない。ヴェスリー・スナイデルの負傷によってプロッパーに10番は回ってきたという事情も承知しているが、ある意味で近年叫ばれつつあるオランダ選手の“小粒化”を象徴するシーンであったと思えた。

編集部I:エラン・ザハヴィ(イスラエル)

マケドニア戦後にキャプテンマークを投げ捨てて代表追放に…。

代表キャプテンになることが夢だったという彼だが、ファンからのブーイングにキレてしまった模様。中国リーグで大活躍している選手だけに、中国でも話題になった。

編集部T:イスコ(スペイン)

これまでスペイン代表では「脇役」の印象があったが、3-0でイタリアを粉砕した大一番で「主役」へと躍り出た。

二回の得点機で全てものにして枠内シュート率「100%」、パスも59本中53本の成功で成功率「95%」。

その圧巻のパフォーマンスには、敵将ヴェントゥーラも「彼をピッチ上で見ることができて良かった」と賞賛を送るしかなかった。

編集部O:ジョナタン・ジュベール(ルクセンブルク)

欧州予選グループ首位のフランスが、FIFAランキング136位のルクセンブルクを相手に、ホームで0-0と引き分けた衝撃の一戦。大活躍したのはルクセンブルクGKジョナタン・ジュベールだ。

以前試合をよく見ていた頃は5-4-1のシステムでゴールに蓋をするスタイルだったルクセンブルク。しかし、組織的な守備を身に着けた昨今はDFを一枚減らし(フランス戦は4-4-1-1)、チャンスで前に人をかけられるようになった。今予選ここまでの8試合で7得点は、人口57万人の国にとってなかなかのものだろう。

とはいえ、フランスのような大国との対戦はやはりきつかった。相手のシュート数は実に34。決定機も多かったのだが、最後に踏ん張ったのが37歳の守護神!昔と変わらぬ奮闘ぶりでEURO準優勝チームを見事にシャットアウトした。

なお、ルクセンブルクのチーム自体は「25歳はベテラン」といえるほど若手の起用に積極的。フランス戦で10番を背負ったティル3兄弟の末っ子ヴァンサン・ティルは、2000年生まれの17歳である(川島永嗣と同じメスに所属)。