おいしいドリップコーヒーを楽しむための道具たち

写真拡大 (全6枚)

コーヒーを愛する人たちが好むのは香り高いコーヒーをいただくことだけに非ず。好みの豆を選んで挽き、丁寧にハンドドリップで淹れる。いただくまでの各ステップも楽しいんですよね。そこで重要なのが道具類。キーコーヒーから登場するのは、おいしいコーヒーを淹れるための工夫が随所に凝らされたドリップツール。凛とした佇まいも印象的です。

日本でコーヒーと言えばキーコーヒーを思い浮かべるほど、コーヒー一筋のキーコーヒー。そのキーコーヒーの抽出器具ブランド「Noi(ノイ)」は「一人ひとりが本当においしいコーヒーをドリップできるように」という想いを込めて立ち上げたブランドです。これまでドリッパーを展開していましたが、今回新たに2アイテムが加わりました。

■KEY Noi グラブサーバー(2160円)


コーヒーサーバーと言えば強化ガラスに取っ手がついたタイプが多いですが、こちらは花瓶かオブジェ?と思うフォルム。取っ手もないし、まったくコーヒーサーバーに見えません! しかしこの変わったフォルムは計算しつくされたもの。表面の凸凹があるために手に馴染み、しっかりフィット。

▲取っ手がなく、収納がしやすいのも嬉しいところ。フタ、胴体部、底部、パッキンなど各パーツに分解できるため、洗いやすくなっている

つかんだときに熱さを感じにくいように設計されています。また、ガラス素材でなくポリカーボネートにすることで、耐久性と保温性がアップ。従来品は意外と早くコーヒーが冷めてしまいますが、こちらは長く味わいが持続します。

■KEY Noi ドリップマスターケトル (1万9440円)

ハンドドリップの難所の一つがお湯注ぎ。細く長く、安定した湯をうずまき状に注いで豆を蒸らすわけですが、これがなかなか難しい! 「Noi」のケトルは、ノズルの先端寄りのカーブをV字に絞った通称 “スワンの喉” 。お湯の流れが調節しやすくなり、狙った場所に細くゆっくりと注げます。

また、安定してお湯を注ぐためには取っ手形状も重要。先端部分にカーブを設けることで安定して持ち上げられます。さらに、取っ手の角度を胴体部分から大きく広げることで、少し手首を傾けるだけで簡単にお湯が注げますよ。

▲フタの開閉はツマミを手前に引く設計。開けたときに蒸気が手に当たらず、火傷リスクがありません。ツマミが台座になってフタを置くことも可能

いずれも繊細な雰囲気でキッチン映えも抜群。秋の夜長、じっくりとハンドドリップを楽しんでみませんか。

>> Noi

 

(文/&GP編集部)