インテルが冬の補強に向けて動き出す? 最初のターゲットはボアテングか

写真拡大

▽夏の移籍市場が終了したばかりだが、インテルはすでに冬の補強に向けて動き出すようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』によると、バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)の獲得を目指すという。

▽インテルのオーナーである蘇寧グループで補強部門を統括するワルテル・サバティーニ氏は、来週にもクラブのオーナーと会談の場を持つとのこと。そこでは、冬の移籍市場での補強について話し合うようだ。

▽インテルは今夏のデッドライン・デイに、ボアテングの動向を見守っていたとのこと。獲得に動くことはなかったが、ボアテングの状況次第では冬にオファーを出すようだ。

▽ボアテングは、マンチェスター・シティから2011年7月にバイエルンへ加入。レギュラーとして活躍し、世界でも最高峰のセンターバックとしてドイツ代表でも活躍。しかし、近年はケガの影響で出場機会が減り、2シーズンでブンデスリーガ32試合の出場に留まっていた。