使いやすくて肌にも優しい。歯ブラシ型メイクアップブラシ

写真拡大 (全6枚)

美意識の高い女性に人気のアメリカ発ビューティブランド「artis(アーティス)」のメイクアップブラシが、ついにこの日本で、アジア本格初上陸を果たしました。
人間工学に基づいた画期的なデザイン
「artis」は、メイクアップ・アーティストのマシュー・ウェイトスミス氏により2013年にアメリカで誕生しました。「新しいメソッド、素材、デザインでブラシに"近代化"をもたらそう」というマシュー氏の思いがブランドスタートのきっかけなのだとか。
アーティス エリート 10本セット / 69,120円(税込)※ブラシ10本、ブラシ プレミアクリーニングパッド、ブラシ用洗剤2本(現品)のセットです。
たしかに、はじめてその歯ブラシ型メイクアップブラシを見た時は目からウロコでした。従来のように手首をキュッと上げ、メイクブラシの先を肌に直角にあてるタイプだと手が疲れてメイクも丁寧にできません。その点この型は画期的。人間工学に基づいたデザインの美しさは、使いやすさに直結していました。今ではほかのメーカーやブランドでも似た形を見かけますが、「artis」が本家だそうです。

はじめの1本と、お手入れ方法のおすすめ
もちろんフォルムだけではありません。ブラシの毛に関しても、強いこだわりがありました。
まず目を引くのが密度の高さ。とくにブランドのシグネチャーである「Oval10」には25万本もの繊維が使われているとか。しかもその1本1本の毛先がマイクロンレベルで細いので、肌にも優しく、低刺激。また、動物由来のものを使用していないので、動物の毛にアレルギー反応を起こす人でも安心。このふわふわな感触、一度試すと病みつきになりそう。
アーティス エリート オーバル10 / 10,800円(税込)
そこでまず、はじめての1本を買うとしたらどれがおすすめなのかを、「artis」PR担当の方に伺いました。

まず1本買うなら「Oval6」がおすすめです。ベースメイク、チーク、コンシーラーからアイシャドウまで使える万能ブラシです。ピンポイントで使うのであれば、「Circle1」がコンシーラー用としておすすめです。

アーティス エリート オーバル6 / 7,560円(税込)
アーティス エリート サークル1 / 5,400円(税込)
さらに気になるのが、お手入れの仕方。ブラシが汚れるとメイクののりも悪くなるし、不衛生。より簡単なクリーニング方法も伝授していただきました。

1番おすすめなのは、ブラシ プレミアクリーニングパッドとブラシ用洗剤を使用することです。汚れがきれいに早く落ちるのはもちろんのこと、ブラシ用洗剤は乾くのも早いので、夜に洗って次の朝メイクするときにはしっかりと乾いた状態でお使いいただけると思います。
また、メイクするなかで、1本のブラシで「ファンデーション」「チーク」「アイシャドウ」と併用したいときは、ブラシ プレミアクリーニングパッドが1つあれば、都度色が混ざらずに使用頂けます。

アーティス ブラシ プレミアクリーニングパッド / 5,940円(税込)、アーティス ブラシ用洗剤 / 2,700円(税込)
ブラシ用洗剤でしっかり洗うのはもちろんのことですが、1本でいろいろと使いまわしたいときは、細菌の増殖リスクを劇的に減らすというブラシ プレミアクリーニングパッドも便利そう。ぜひブラシとセットで購入したいものです。
肌に触れる瞬間の心地よさと、特許を取得したエシカルかつ人間工学に基づいた美しいデザインのメイクアップブラシ。ネットでは伊勢丹オンラインストアにて発売中です。
[artis]