学生の窓口編集部

写真拡大

サークルに入るメリットはいい仲間にたくさん出会えることですが、中には「サークルクラッシャー」と呼ばれる存在のせいで人間関係がめちゃくちゃになってしまうことも。サークルクラッシャーとは、大学のサークルや部活などのコミュニティ内でもめごとを起こし、人間関係を悪化させてしまう人のことです。 理由は恋愛関係が原因の場合が多いですが、他にもいろいろあるようです。実際にそんなサークルクラッシャーの目撃談、体験談を現役大学生に聞いてみました。

■「サークルクラッシャー」を実際に目撃したり、体験したことはありますか?

ある 71人(25.3%)
ない 210人(74.7%)

サークルクラッシャーを目撃したり、体験したことがある人は3割弱でした。続いて目撃者・体験者のみなさんに、実際にどんなサークルクラッシャーが出現したのか聞いてみました。

■実際にあったエピソードを教えてください。

●自己中!

・自己中心的な人がいて、すごく学年の仲が悪くなったことがあった(女性/20歳/大学2年生)
・サークルの合宿で、他人を気にせず自由気ままに振る舞い、フリーダムボーイと呼ばれた輩がいた(男性/25歳/大学院生)
・自己中な子がいて、自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなる(女性/20歳/大学3年生)
・自己中な先輩のせいで、試合が台なしになった(女性/23歳/大学4年生)

●人の悪口を言いまくるヤツ!

・人の噂をあることないことかまわず言いふらしていていた(女性/23歳/大学院生)
・Twitterなどで匿名で攻撃していた(女性/21歳/大学4年生)
・ケンカを売ってきた(男性/22歳/大学4年生)

●まさに修羅場!

・二股をかけた男子のせいで、女子たちが大げんか(女性/19歳/大学2年生)
・浮気まがいのことをして空気感に耐えられず辞めた子がいたが、その子が辞めた後も微妙な空気はしばらく続いた(女性/21歳/大学3年生)
・なんでもほしがる子で、先輩の彼氏を取った人がいたから(女性/20歳/短大・専門学校生)
・1人の女の先輩が部内に彼氏がいるのに、他に4人の男子と付き合っていた(女性/21歳/大学4年生)

●恋愛関係のトラブル!

・カップルが2組でき、2組とも険悪な感じで別れて周りも気まずくなり崩壊した(女性/21歳/大学4年生)
・部内のカップルが部活中にいちゃついて、周りの雰囲気が悪くなった。部内のカップルが試合の時に大げんかしてみんなドン引きした(女性/24歳/大学院生)
・元彼にすごく執着している女子がいて、友達が嫉妬されて大変そうだった(女性/21歳/大学3年生)
・友達がサークル内の数人と付き合って、その子の元彼たちがけんかしているのを見た(女性/23歳/大学4年生)

●その他

・新しく入ってきた学生がマナー違反をしたせいで部室を没収された。険悪なムードになった(男性/25歳/短大・専門学校生)
・自分がサークル長で、怠けている後輩を叱ったら嫌われた(男性/21歳/大学3年生)
・活動の内容の意味が理解できない有象無象の連中がコミュニティーを作ってうっとうしい(男性/22歳/短大・専門学校生)

定番の恋愛関係によるものから、サークルクラッシャーの定義とは少し外れますが身勝手なふるまいによって険悪なムードになったパターンなど、さまざまな目撃・体験談が集まりました。

いかがでしたか? サークルクラッシャーに遭遇した経験のある大学生はおよそ4分の1。なかでも、恋愛関係のトラブルが大半を占めていました。狭い人間関係のなかで、一度トラブルが起きると、当事者同士だけでなくまわりの人間関係も悪くしてしまうケースが多いようです。あなたの周りにはそんなサークルクラッシャーはいませんか?

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年8月
調査人数:大学生男女281人(男子大学生142人 女子大学生139人)