炭酸泉といえば、プクプクと泡が立ってくるのが気持ち良くクセになってしまいますよね。今では多くの銭湯やスパなどで炭酸泉を楽しめるようになりました。でもしょっちゅう銭湯になんて行っていられない!という方もいらっしゃるでしょう。でも大丈夫、自宅で簡単に炭酸泉が作れて楽しめる方法がありますよ。

炭酸泉とはどんなお風呂なの?

炭酸泉の泡って不思議ですよね。泡の正体は炭酸ガスであり、炭酸ガスとは二酸化炭素のこと。つまり炭酸泉は二酸化炭素がお湯の中に溶け込んだものです。日本では多くの土地で温泉が湧き出ますが、実は天然の炭酸泉は多くありません。炭酸ガスの性質として、 湯の中に溶け込むためには湯の温度が低めであることが条件となります。しかし火山活動が活発な日本では、温泉は高温であることが多く、炭酸ガスが抜け出ていってしまいやすいのです。例えばヨーロッパなどでは温度の低い温泉が湧き出るところが多くあり、高い濃度の炭酸ガスを含んだ、天然の炭酸泉が楽しめます。

家でも簡単、炭酸泉の作り方

先にも述べた通り、日本では天然の炭酸泉が限られているため、人工炭酸泉であるところがほとんどです。銭湯やスパなどでは炭酸泉装置が使われており、家庭用の炭酸泉装置も存在します。炭酸泉は入浴剤を使って作ることもでき、すでに家庭で試された方もいらっしゃるのではないでしょうか。ところで炭酸泉とはお湯に炭酸ガスを溶け込ませたものです。だから炭酸泉は家で簡単に作ることができます。用意するのは重曹(重曹とはどんな成分?)とクエン酸(クエン酸の概要)のみ。低コストで楽しめてしまうのが嬉しい点です。

●用意するもの

お湯200Lに対して、重曹250g、クエン酸210gを用意します。どちらも必ず食用のものを使用するようにしましょう。お風呂の湯の温度は少し低めに、38度くらいにしておきます。高温にするほど、炭酸ガスが抜けやすくなってしまいます。

●方法

あらかじめ重曹とクエン酸を混ぜておき、入浴する直前に湯の中に溶かします。アロマオイルを数滴入れると、香りでリラックスできます。

炭酸泉の効能

炭酸泉には様々な健康効果があり、それは人工の炭酸泉でも同じです。炭酸泉は泡の力で血行を良くするため、疲労回復や冷え性の改善、肩や背中、腰のコリや痛みを緩和する効果が期待できます。それから忘れてはいけないのは、炭酸泉による美肌効果でしょう。肌を程よく刺激してくれるうえ、肌の汚れや角質を優しく落としてくれます。肌ツヤが良くなり肌のザラザラ感が気にならなくなっていきますよ。重曹やクエン酸はスーパーや薬局ですぐに見つかり値段もお手頃、自宅での炭酸泉はコストパフォーマンスが良いのが魅力です。それに重曹やクエン酸を常備しておけばお掃除にも使え、 何かと重宝します。重曹やクエン酸が家にある方は、早速試してみてくださいね。


writer:Akina