台北市消防局提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 7日 中央社)台北市消防局救助隊が8月30日〜9月4日にわたって訪日、東京都・調布市が多摩川児童公園(調布市)で3日に実施した総合防災訓練に参加した。

台北市は連続11年で同訓練に参加。今年の訓練は多摩直下地震を想定したもので、同市の救助隊員6人は東京都がアジア各都市と構築する「危機管理ネットワーク」を通じて支援を求めるというシナリオに沿って、同ネットワークに参加するソウル、シンガポールの救助隊とともに現場に直行。到着後、東京の救助隊と合同で救援や捜索などの訓練に取り組んだ。

(朱則イ/編集:塚越西穂)