悲劇から10年、プエルタと共にあるセビージャの2017-18新ユニフォーム

写真拡大 (全9枚)

ラ・リーガはここまで2節を消化し、1勝1分けとまずますのスタートを切ったセビージャ。選手補強も着々と進め、1日には買取オプション付きで、シャルケからヨハネス・ガイスの獲得を発表した。

しかしセビジスタを最も熱くさせたのは、4年ぶりに帰還したヘスス・ナバスの存在かもしれない。

セビージャの2017-18シーズン用ユニフォームは、7月4日にホーム、アウェイ、サードを発表している。また2017年は、アントニオ・プエルタの逝去から10年という節目でもあることから、各ユニフォームには彼の記憶を刻んでいる。

Sevilla 2017-18 New Balance Home

ホワイト/レッドの伝統的なカラーで彩ったホームキット。首周りは久しぶりにVネックを採用している。

7月4日の発表時には無かった胸のスポンサー「PlayWSOP.com」は、オンラインのポーカーゲーム。

2007年の突然の悲劇から10年。今シーズンの各ユニフォームの左肩には、プエルタが付けていた番号「16」が入っている。

4年ぶりの復帰となったヘスス・ナバス。注目された背番号は、カンテラ時代を共にしたプエルタの番号となった。

Sevilla 2017-18 New Balance Away

ホームと同じく伝統的なデザインで、アウェイカラーでお馴染みのレッドはセビージャの街の旗色。

首周り、袖口などには差し色でホワイトを配している。

背面の首元には、胸のものとは異なるデザインのエンブレムをプリントしている。

Sevilla 2017-18 New Balance Third

サードは、セビージャのユニフォームに多用されるブラックをベースに、ダイヤモンドのグラフィックパターン。

首周りはホーム、アウェイとは異なりスタンドカラーを採用。胸元はボタン止めとなっている。

背面はダイヤモンドのグラフィックを入れていない。各部の差し色にはホワイトを配した。

昨シーズンは4位と好成績を収めたが、エドゥアルド・ベリッソ新監督の元で再出発となる今シーズンは、どのような結果が待ち受けているのだろうか。