夜、ふらっと部屋着のままコンビニへ……なんてとき、「あー! ブラし忘れちゃった……」なんてこと、ありますよね。家に戻ってわざわざブラをつけるのも面倒……そんな面倒くさがり女性たちがあみだした「ノーブラがバレない対策法」をご紹介します。いざというとき役にたつかも!?

1:Tシャツの…

「Tシャツの前の首元部分や、全面ひっぱって、胸の周囲にシワを作りごまかす」という方法。トップスに余裕があるときに便利。パッと応急処置に、まずはコレ。

ただ、歩いているうちにだんだんTシャツがもとの位置に戻ってきてしまいがち。時間との勝負ですよ。急いで用事を済ませてお家に帰りましょう!

何度も繰り返しTシャツを引っ張っていると、逆に怪しさ満載なので要注意ですよ。

2:バッグでガード

鉄板の「バッグを前に抱えるように持ち、胸部分を手厚くガード」する方法です。バッグが大きいとき、この方法はとっても安心感が得られるのでおすすめですよ!

夜中にコンビニへ行くとき、財布とスマホくらいしか持って行かない……というタイプの人が使えないのは残念ですが……。そしてブラをしない面倒くさがりさんには、このタイプが多いような……(笑)。

3:猫背

Tシャツにも余裕がないし、バックなどの隠せるものも持ってきていない……なんてときはずばり「猫背」作戦です。うつむき加減で、猫背になるだけでもだいぶノーブラ感は分からなくなります。

逆に、胸を張っちゃうとバレちゃうかも。

ただ胸のサイズが大きい方だと、ちょっとコレだけで隠すのは難しいかも。そんなときは、次の技と併用してみてくださいね。

4:腕組み

先ほどの「猫背」同様に、何にもアイテムがないときに便利。猫背&腕組のタッグも有効ですよ。「あ、この子ノーブラかな……」なんて、勘の良い女性にはバレちゃうかもしれませんが。

ただレジでお会計をするときなど、どうしても腕組みをはずさなければならないときには、どうしようもありません……。

また歩いているときなども、手がふさがっていて危ないので、転ばないように注意してくださいね。

面倒くさがりさん

もう、そんなにアレコレするなら、いったんブラをつけに帰れば……と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、面倒なんですもん(笑)。

面倒くさがりさんは参考にしてみてくださいね!