川島セルコン 「filo」に新カテゴリ「hanoka」を追加し10/2新発売

写真拡大

 (株)川島織物セルコンは、最上級のインテリアファブリックシリーズ「filo」(フィーロ)に、トレンドのモダンインテリアを提案する新カテゴリ「hanoka」(ハノカ)を加え、10月2日(月)に新発売する。

 今回新設されるカテゴリ「hanoka」は、人気のモダンテイストラインで、日本の暮らしに合ったジャパンモダントレンドを川島織物セルコンならではのデザインで提案するもの。具体的には、日本の花鳥風月から得たデザインソースを、モダンにアレンジしたアイテムを収録、また京都の本社に併設の「織物文化館」にストックしている膨大な資料の中から選りすぐった文様や、帯や緞帳等の事業で触れてきた日本古来の古典文様を現代のセンスでよみがえらせたファブリックを展開する。
 さらに「filo」で人気のウィリアム・モリスシリーズ「モリスデザインスタジオ」、インハウスデザイナー本田純子氏が企画・デザインする「Sumiko Honda」にも新作を加え、より充実のラインアップとなっている。
 収録点数は136柄368アイテム(新アイテム比率 42%)。

 また同時にトータルインテリア提案を実現するべく、「ラグコレクションVOL.4」も発売する。収録点数は、ラグジュアリーラグが16柄 81アイテム、インポートラグが3柄5アイテム。