PSG加入のムバッペ、バロンドールについて「ネイマールを助けるために全てをやる」

写真拡大

▽モナコからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)が、入団会見を行い、初練習に参加した。

▽今夏史上最高額となるる2億2000万ユーロ(約286億円)の移籍金でバルセロナから加入したブラジル代表FWネイマールに続き、1億8000万ユーロ(約235億円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したムバッペ。フランス『ル・パリジャン』がムバッペへのインタビューを掲載し、新天地について語った。

▽生まれ故郷であるパリへ帰還したムバッペは、PSGについて「世界でトップに立ちたい野心的なクラブ」とコメント。「全ての大会で勝つ必要があり、疑いの余地はないよ。統率されたグループとして試合を支配するチームとして、僕自身を確立することが必要となる。これは成功のカギだよ」と語り、新天地での意気込みを語った。

▽また、インタビューでは将来的にバロンドールを目指しているかどうかを聞かれたムバッペは、同じく今夏PSGに加入したネイマールを助けたいとコメント。自身の活躍によって、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが近年支配しているバロンドールをネイマールに受賞させたいと語った。

「いいや。僕には、そのレースで勝てるチームメイトがいる。だから、僕の個人的な目標は、多くのゴールを決め、ネイマールを助けることだよ」

「それは僕たちが多くのトロフィーを掲げることを助けることにもなる。僕は、ネイマールがバロンドールを勝ち取るのを助けるために、全てをやるよ。そして、それは僕のことも幸せにするだろうし、彼に触れることもできる」