犬のハウスのしつける意味は?

犬と快適な生活を送る上でハウスのしつけをすることはとても大切です。犬は習性として狭い空間を好みます。なぜならば、犬の祖先とされる動物が巣穴を掘って自分の住居としていたからです。犬にもこの習性があり、巣穴の住居が必要になります。その住居こそが犬のハウスになります。犬は、ハウスの中でリラックスでき、安心する場所になります。そして、犬がハウスに入ることでお留守番ができます。

人がいない家の中には、犬にとって危険がたくさんあります。犬は、好奇心が盛んでいたずらもします。例えば、犬が食べてはいけない食べ物を口にしてしまったり、電気コードをかんでしまったりと危険な物をいたずらしてケガをしてしまう可能性もあります。犬にお留守番させるときはハウスに入れるようにしつけをしましょう。

それから、動物病院などに行くときにケージや犬用のキャリーバッグなどに犬を入れます。このときに、ハウスのしつけが必要になります。動物病院は、病気や定期健診など、犬を連れて行く機会も多いと思いますのでハウスをきちんとしつけましょう。

今から犬を迎え入れるかたや犬を飼育したばかりの人などは、ハウスを準備し、必要最低限のしつけを行うようにしましょう。

犬のハウスのしつけ方法は?

犬にハウスをしつける前に準備すること!

犬にハウスのしつけをする前に、家族で統一することがあります。まず、ハウスに入るときの指示語を統一することと、ハウスの位置を移動しないことです。犬がハウスに入ることを覚えたくても、家族全員でバラバラな指示語で指示することや、ハウスの場所を変えては、犬が混乱します。犬にハウスのしつけをする前に、家族で統一しましょう。

また、犬にハウスをしつけるときに、御褒美に食べ物をあげることがありますが、何度も練習するときなどは、たくさん食べることになりカロリーオーバーになりますので、おやつを低カロリーのものにすることや、おやつを小さくするなど工夫しましょう。また、犬の御褒美は、おやつの他に好きなおもちゃなどを使用するのも良いでしょう。

犬のハウスのしつけ方法

犬がハウスに入るようにするしつけの方法は、犬をハウスに入れるときに「ハウス」と声をかけて覚えさせます。 次に自分でハウスの中に入るように教えます。犬に「ハウス」と声をかけて、御褒美(おもちゃやおやつ)で誘導し自分でハウスに入れたときには、御褒美をあげて思いきり褒めてあげます。犬は「ハウスに入ると良いことがある」と思いハウスの中に自ら入ろうとします。それから、ハウスを覚え始めたら御褒美を与える回数を減らしていきましょう。でも、褒めることは忘れずにするようにしましょう。ハウスのしつけは始めは、なかなか難しいと思いますが犬のために根気よく頑張ってしつけましょう。

犬のハウスはどんなものが良いか?

犬のハウスを選ぶのは難しいですよね。今は、いろいろな商品が市販されているので、自分の生活スタイルに合わせてサイズや性能を考慮してハウスを選びましょう。犬のハウスにはどのような種類があるのでしょうか?下記にまとめてみました。

バリケンケージクレートサークル(天井がないので犬の出られない高さがあるもの)

などがあります。犬のハウスは、天井や扉がついていて閉まる物になります。扉の閉まらないものは、ハウスではなく犬用のベッドなどになりますので御注意ください。

バリケンやクレートは持ち運びできるのが特徴です。ケージは檻のようなもので、サークルもケージに似ていますが天井がないタイプです。

長時間のお留守番などにも対応できるよう、家の中に設置するハウスはスペースを広めに確保してください。例えば、クレートとサークルを使い、クレートを囲うようにサークルを2〜3セットつなげます。サークルは1セットですと小型犬の場合でも、中にクレートやトイレトレーなどを入れることにより狭くなりますから、犬の体格に合わせて2セット以上使うようにします。クレートを寝床として、サークルで囲ったところは犬が自由に動けるスペースとしましょう。クレートの扉は、いつでも出入りできるよう開けておき、犬が扉に挟まれることがないよう必ず紐などで固定しておきます。

犬のハウスと一緒に覚えたいしつけは?

犬のハウスのしつけと一緒に覚えたいしつけは、無駄吠えしないようにしつけることです。お留守番しているときにハウスの中でずっと犬が吠えていたら,近所迷惑にもなりますし犬も疲れると思います。犬はハウスの中に入ったら静かに過ごすようにしつけましょう。

無駄吠え予防の基本は、環境や人、自分以外の犬や動物、生活音に慣らし、飼い主と十分なコミュニケーションをとり信頼関係を築くこと、つまり社会化です。無駄吠えは、社会化不足に起因していることがとても多いのです。

私たちは無駄吠えとよく言いますが、犬が吠えるのには様々な理由があるといわれています。その主な理由がこちらです。

不安警戒要求(おなかが減った、散歩に行きたい、構ってほしいなど)興奮退屈

このことから、ふだん犬が、どこで、どんなときに、何に対して吠えているのか記録をとるようにすると、吠える理由がわかりますし、その原因を排除していくことで吠えることを抑えていくことができます。

しかし、吠えることで飼い主の方の気を引くことができる、構ってもらえると思って吠えている場合は無視するしか方法はありません。犬が吠えるたびに、叱って反応してしまうと、ますます吠えることがエスカレートしてしまいます。犬が吠えているときは、無視してその場から立ち去りましょう。おとなしくなったら犬のところに戻ります。吠えると気をひくどころか飼い主がいなくなってしまうとわかれば自然に吠えなくなります。

また、留守番が犬にとって、特別なことにならないようお出かけ前や帰宅直後の声掛け、スキンシップは避けるようにすることも大切です。

どうしても無駄吠えがなおらないときは、犬用のお留守番専用のおもちゃやグッズなどもありますので利用するほか、テレビや音楽をかけておくなど飼い主さんが家にいるときと同じ状況を再現すると犬が安心して落ち着くことがあります。飼い主の方は、根気が必要になりますが無駄吠えをなおすためにも頑張りましょう。

まとめ

犬にハウスに入るしつけは、とても大切です。お留守番や、動物病院などに連れて行くときに必要なしつけです。犬にとってハウスは自分の安心できる居場所になるので準備しましょう。犬のハウスのしつけは、家族で指示語やハウスの場所を統一しましょう。犬がハウスに入ったら御褒美をあげてほめることで覚えていきます。また、犬がハウスの中で無駄吠えしないようにしつけることも大切です。しつけは、飼い主の方の根気が必要になります。犬のためにきちんとしつけましょう。