もしあなたが彼と同棲しているのなら、毎日一緒に過ごしているはず。家に帰ればいつでも彼がいるだなんて、とても幸せですよね。
しかし、たまには彼が外泊することも。毎日一緒に過ごしている彼がいないと少し寂しい気持ちになるかもしれません。そんなとき、寂しさを紛らわす方法を4つ紹介します。

友人を家に招待してお泊まり会

普段彼がいるとできない、友人を家に招待して、お泊まり会。彼がいない時だからこそ、気兼ねなく友人を招待することができ、思いっきり夜遅くまで女子トークを楽しめます。ホテルや旅館に泊まると1泊1万円ほどかかってしまいますが、自分の家となると無料で楽しむことができます。
夜ご飯は外食でも良し、できあがったものを買ってきて家で食べても良し、ピザなど宅配を頼むのも良し、たこ焼きパーティーや鍋パーティーをしても良いですね。友人と話して、笑って、騒いで、彼がいない寂しさを吹き飛ばしましょう。

遠くに住んでいる友人とオンライン飲み会

遠くに住んでいてなかなか会えていないけど、久しぶりに話したいなーと思う友人はいませんか? そんな友人とは、テレビ電話をつないでオンライン上で飲み会をしましょう!
オンライン上なら、どれだけ遠くに住んでいても、みんなバラバラの場所に住んでいても、パソコンや携帯さえあれば顔を合わせることができます。学生時代の同じクラスや部活やサークルのグループラインに「○月○日の○時から、テレビ電話で飲み会しよー!」と誘ってみましょう。

部屋の掃除

彼がいると、思い通りに掃除できないことも……。彼がいないときだからこそ、隅々までキレイに部屋の掃除をしましょう! 彼が帰ってきたときに「部屋キレイだね」と言ってくれることを想像すると、彼がいない寂しさよりも、帰ってきたときに喜んでもらおう! というちょっとワクワクした気持ちになれるかも。気分転換に家具の位置を変えて模様替えをしても良いかもしれません。帰ってきた彼を驚かせようというサプライズ的な気持ちを持つことがポイントです。

運動をしてすぐ寝る

いつもは彼と一緒に寝ることで、少し狭いな……と不満に思っているベッドも、いざ彼がいなくなると広く感じ、寂しさをより感じてしまいます。夜は寂しさを増幅させるため、なかなか寝れなくなってしまうなんてことも……。
そんなことにならないように、ランニングをしたり公営のプールで泳いだり運動をして体を疲れさせ、早めに寝てしまうというのもひとつの手です。寂しい気持ちを感じることなく、すぐに眠りにつきましょう。運動をしてぐっすり眠れ、健康にも良いのでおすすめです。

寂しさを紛らわす方法4つを紹介しました。彼がいない家が寂しく感じるかもしれませんが、せっかくなら、彼がいたらできないことを楽しむ時間にしてみては? ただ、楽しみすぎて「彼がいないほうが良い!」なんてことにならないように気をつけてくださいね。