熊讃Bravoのフェイスブックページより

写真拡大 (全2枚)

(台北 7日 中央社)ユニバーシアード台北大会(8 月19〜30日)の閉幕によって“失業”した大会PRキャラクター、熊讃Bravoは近日、求職活動に精力的に取り組んでいる。1日に台北市の職業安定所で求職者登録を済ませ、これまでには活字屋や漢方薬局、テレビ局などを見学。フェイスブックでは忙しい毎日を紹介している。

熊讃は7日、フェイスブックを更新し、ファンミーティングの開催を発表。「最近は仕事探しに忙しいけれど、ユニバ開催期間中の何の心配もない日々をたまに思い出してしまう」と賑やかな日々を懐かしく思う気持ちをつづった。投稿では、開催の希望時間帯についてアンケートを募っている。

この投稿には公開から約4時間で8000件以上の「いいね!」が寄せられている。

(梁珮綺/編集:名切千絵)