画像提供:マイナビニュース

写真拡大

近畿日本鉄道は、恒例の「きんてつ鉄道まつり」を10月28・29日に五位堂検修車庫(奈良県香芝市)と高安車庫(大阪府八尾市)で、11月11・12日に塩浜検修車庫(三重県四日市市)でそれぞれ開催する。

今年は近鉄名古屋キャンペーン「いこーや なごーや」にちなみ、全会場に「なごやめし」のキッチンカーが出店するほか、名古屋おもてなし武将隊の演武や名古屋のアイドルユニット「OS☆U」のライブなど、名古屋の魅力を発信する企画を用意し、鉄道ファン以外も楽しめるイベントをめざす。

その他、新たな催しとして鉄道運転シミュレーターの携帯アプリ「Train Drive ATS 3 近鉄奈良線」の紹介(五位堂会場・塩浜会場)、奈良県乗合バス運行100周年を記念したバス乗車券の販売(五位堂会場)、「ビスタカー」の2階建て部分の車両展示(高安会場)などを企画している。

運転士・車掌体験や40トンクレーン実演、床下ピット体験、制御器実演、字幕表示機操作、電気作業車両の展示・実演(以上五位堂会場)、21000系「アーバンライナー plus」運転台見学、洗車体験、電車の台車と制輪子の展示、3000系運転台カットモデル展示、電車値屋根上見学(以上高安会場)、保線の業務体験、駅名ビンゴ大会、電車と綱引き(以上塩浜会場)など、鉄道と電車にまつわるイベントも多数予定されている。

一部イベントの参加は当日配布する整理券が必要で、高安車庫で行う洗車体験のみ事前申込制。五位堂会場で行う鉄道車両部品販売は、事前申込みによる優先販売と当日オークションにて実施される。申込みが必要なイベントなどの詳細は、9月6日頃から各駅で配布するリーフレットで案内される。