『Mixmag Japan』が本日7日スタート

写真拡大

『Mixmag Japan』が本日7日にローンチ、渋谷SOUND MUSEUM VISIONで創刊記者発表会が行われた。

◆『Mixmag Japan』 記者会見画像

記者数十名が訪れる中、クラブとクラブカルチャーを守る会会長でありヒップホップ専門ラジオ局「WREP」主宰のZeebraがMCを務め、記者会見がスタートした。

まずは『Mixmag』本国からこの日のために来日した取締役のニック・スティーヴンソン氏が登場し、日本版ローンチを祝福した。続いて2016年の風営法改正に多大なる役割を果たした、衆議院議員の秋元司と弁護士の斉藤貴弘の二人が登場、『Mixmag Japan』でも取り扱っている「ナイトタイムエコノミー」や風営法改正についてのトークを行なった。

続いて登場したのは『Mixmag Japan』のプロデューサー北口大介、編集長の星出智敬による『Mixmag』の説明が行われた。フリーペーパーが年4回発行され、全国の主要タワーレコード他で配布されるほか、ウェブ/SNS、アプリ、イベントなど多角的にクラブカルチャーを盛り上げていく旨が伝えられた。ひとしきり説明が終わった後には『Mixmag China』のCEOドナルド・ハウをはじめ、田中知之(FPM)、渋谷慶一郎、ケンイシイらがクラブカルチャーの現状や『Mixmag Japan』への期待など、たくさんの祝福のコメント共に届けられた。

『Mixmag Japan』は本日7日にローンチ、“クラブで体験できる最高の瞬間を届ける”をテーマにフリーペーパー、ウェブ、アプリなどで展開される。なお、本日7日20時より渋谷SOUND MUSEUM VISIONにて、石野卓球、DJ EMMA、田中知之(FPM)らをDJに招いた招待制のフリーパーティが行われる。気になる人は下記インビテーションを保存して、駆けつけていただきたい。

◆Mixmag Japan オフィシャルサイト