ある日突然男友達から告白され断ったら逆ギレされた……。なぜこんなことになってしまったんでしょうか?

でもその原因はあなたにあるのかもしれません。知らないうちにあなたの言動が、相手に「その気があるんだな」と誤解させてしまったのです。

その気はなくとも男友達が勘違いしてしまう言動を、レベル別に4つご紹介します。

レベル1:LINEやメールにハート絵文字を使う

今時こんなことを言う男性がいるの!? と女性には理解不能かもしれませんが、今でも「女性と2人きりの食事はOKのサイン」などと勘違いする男性が多いのと同じで、メールやLINEでハートの絵文字やスタンプが入ってくると、「もしかして気がある?」と思ってしまう男性は多いようです。

女性とのコミュニケーションに慣れていない男性は、ハートや絵文字にすぐころっといってしまうので、要注意ですよ。

レベル2:「あなたと一緒にいるとラク」だと言ってしまう

なんでも言い合える男友達の存在は本当に有難いですよね。

しかし「あなたと一緒にいるとほんとラクだな」「あなたになら何でも話せる」などといった言葉が、「俺は特別な存在」「俺がいないとダメなんだな」と男性を勘違いさせてしまうことも。

本音を言っただけなのに勘違いされてしまうなんて残念な気持ちにもなってしまいますが、「友達として」といったニュアンスの言葉を会話に挟むように心がけるか、その本音を心にしまっておいたほうが安心かもしれません。

男女の友情というのは、ほとんどの場合、成立しない、ということを頭に入れておきましょう。

レベル3:女子同士のようなスキンシップをしてしまう

男女裏表なく付き合える女性に多い、勘違いされやすい言動がこのパターン。

「ひと口ちょうだい!」と女子会のようなノリで彼の飲みかけや食べかけのものをおねだりすると、「間接キス?」とドキドキさせてしまうことも。

その他スマホをのぞき込んだり、女性に対して甘えてる時と同じように、冗談半分で腕を組んだり抱き着いたりなどのスキンシップも男性には勘違いされてしまうことも。

「私は男女関係なく仲良くできる」と思ってしまっている女性は特に気を付けてください。

これも、男女関係に慣れていない男性だと勘違いする傾向が高いです。

レベル4:「今日泊めてほしいの」と言ってしまう

最近では添い寝するだけの男友達「ソフレ」といった言葉もあるように、男友達だから大丈夫! と思っている女性も多いようですが、大人の男性はそう受け止めない人がほとんどです。

「泊まりに来る=手を出してもOK」という勘違いをされても仕方がないことかもしれません。

前の3つの項目は、誤解した相手に?といえるかもしれませんが、これは言ったほうに責任があると思います。

おわりに

いかがでしたか? 心当たりのある人も多かったのではないでしょうか?

男女分け隔てなく付き合えることはとてもいいのですが、友情をずっと大切に育むためにも「男と女」であるという意識を常に持ちましょう。

一定の線引をすることが大事ですね。

(愛カツ編集部)