宮崎県庁でマダニが逃げたニャ 〜ヒアリ、セアカゴケグモも黙っちゃおらん〜 サニ恐怖

写真拡大 (全6枚)

 マダニってのは、意外に大きいんだニャ。ダニとかノミってのは、目に見えるか見えんかくらいだと思ってた。

 宮崎県の人は、あの巨大試験管みたいな筒から出さなくてもよかったんじゃニャイのか?あの人たちの中に噛まれた人がいても、かっこ悪くて名乗り出られんでしょうニャ。

 先週、福岡市東区の雁の巣レクリエーションセンターに行った飼い主がこげな写真を撮ってきた。

 こやつも体長1センチ。まあまあ目につくサイズだニャ。おれは、そんな大きなクモに触ったことないぞ。

 近くのアイランドシティというところでは、ヒアリも見つかったらしいし、そっち方面に行く人は気をつけて欲しいニャ。

 身体に変なものが付いてニャイか、いつも確かめているのがおれだ。

 ヒアリってのは、漢字で書くと、「火蟻」。怖いぞ。噛まれると、猫版かちかち山のようなことになるぞ。気をつけニャ。

 やはり、硬派なおれには、こんな睨みの顔が似合う。マダニ、セアカゴケグモ、ヒアリも退散するじゃろうて。

 飼い主ども、わが家は安全じゃから。

 じゃ、おれは安心安全を確かめたから、寝るぞ。じゃあニャ。

==

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。