インドと日本が軍事的関係を深めているが、中国が反発する可能性が高いと報じられている。

写真拡大

2017年9月7日、中国紙・環球時報によると、中国とインド、ブータンの国境地帯「ドクラム高地」で中印両国の軍隊がにらみ合いを続けていたのが解消されたばかりだが、その一方で、インドは日本との軍事的関係を深めようとしていることが明らかになった。

インドのニューデリーテレビ(NDTV)によると、2018年に日本の海上自衛隊とインド海軍が参加する初の対テロ合同演習が行われるという。対潜戦の演習を行うほか、インド海軍の対潜哨戒機P−8が自衛隊基地に着陸する。また、いったん見送られた海上自衛隊の救難飛行艇US−2の輸入も再検討される可能性が高いという。

NDTVはさらに、「日本とインドが軍事的に接近すること対して、中国が反発する可能性は高い」と報じている。

日本メディアによると、日印両国は今後も陸海空の共同訓練を拡大させていく方針を確認した。自衛隊とインド軍の共同訓練はすでに米軍も交えて、海上自衛隊とインド海軍を中心に行われている。また、小野寺防衛相とジャイトリー国防相が東シナ海や南シナ海、インド洋の航行の自由の重要性を強調したと伝えている。(翻訳・編集/岡田)