小野伸二の元同僚がW杯出場危機の豪州に提言 「相手を見て、違うゲームプランを…」

写真拡大

レジェンドのエマートン氏がプレーオフに回った母国代表の“小粒感”を指摘

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選は全10試合を終え、出場4.5枠のうち4枠はグループA・1位イラン、同2位韓国、グループB・1位日本、同2位サウジアラビアに決定した。

 豪州はグループB・3位に終わり、グループA・3位シリアとのプレーオフに回るなか、本大会出場の危機とあってアンジェ・ポステコグルー監督への批判が強まっている。そうした現状を見て、かつて代表を支えたレジェンドの一人が「相手を見て柔軟に戦うべき」と提言した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 取材に応じたのは、2000年代にサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)の中核を担ったレジェンドMFのブレット・エマートン氏だ。

 フェイエノールト在籍時に元日本代表MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)とチームメイトでもあった同氏は、日本に3-1で勝利した2006年のドイツW杯メンバー。通算95試合出場と豊富な代表経験を誇り、FWハリー・キューウェル(元リバプールほか)やFWマーク・ビドゥカ(元リーズ・ユナイテッドほか)、そして現在も現役を続けるFWティム・ケイヒル(メルボルン・シティ)らフィジカル重視で戦っていた時代のメンバーである。

 ただ当時と比べると、現在のオーストラリアはヨーロッパの最前線に身を置く選手が少ない。MFアーロン・ムーイ(ハダーズフィールド)やGKマット・ライアン(ブライトン)はスタメンで、ヘルタ・ベルリンのMFマシュー・レッキーは日本代表FW原口元気の同僚。トム・ロギッチは元日本代表MF中村俊輔(現ジュビロ磐田)が所属していたセルティックでプレーしているが、かつてに比べると小粒感は否めない。

大陸間POへスタイルの柔軟性はポイント

「そこは改善しなければならないポイント」と話すエマートン氏は、「彼らはクラブレベルで一定の出場時間を得て、よりビッグクラブでプレーする必要がある。ただし何百万人の選手が数少ないポジションを競争している。簡単ではない」としている。

 さらに、記事ではエマートン氏がポゼッション重視の現代表について提言も行っている。

「相手を見て、違うゲームプランをそれぞれ組み立てないといけないよね」

 6月のコンフェデレーションズカップでは2分1敗ながらカメルーンやチリに肉薄したものの、今回の国際Aマッチウィークではバヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本に0-2と完敗。続くタイ戦でもシュート45本を放ちながら2-1の薄氷を踏む勝利しか手にできなかった。

 この状況があるだけに、先天的に持っている長所は長所で生かすべき――。北中米カリブ海4位チームとの大陸間プレーオフを見据えて、エマートン氏はスタイルの柔軟性は持たなければならないと言いたかったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images