夏休み気分が抜けていよいよ9月、心新たに何か始めてみたくなる季節です。モチベーションを上げるために、9月にスケジュール帳を新調するという方もいます。それだけではありません。モチベーションアップだけではありません。9月始まりのスケジュール帳、なぜ人気なのかその秘密を探ってみました。

人気が高まる9月始まりのスケジュール帳

スケジュール帳を新調するのに一般的とされる時期は、1月か4月でしょう。1月は年の始まりとあって、心新たに手帳を始めるのに適しています。また4月は年度の始めであり、こちらは仕事や勉強の開始に合わせて都合が良いという理由があります。皆様もお気づきかとは思いますが、今やスケジュール帳は個人の好みに合わせて、開始する月を選べるようになっています。1月、4月始まり以外にも、7月や12月に始まるタイプのものも。そして最近では9月始まりの手帳に人気が集まっています。

9月始まりがおすすめの理由は?

なぜ9月始まり?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも9月始まりの手帳を使うメリットはたくさんあります。いくつか上げてみましょう。

●気分新たに手帳を新調して、モチベーションを上げたい!

もともと1月や4月は、年や年度の始めとあって、特別なことをしなくてもやる気が出やすい時です。しかし9月は中だるみしやすい時期。そこで手帳を変えることで気分を変えることができ、モチベーションを上げる効果があるのです。

●厳選された手帳をゆっくり選べる

実は9月始まりの手帳にはこだわりのラインナップが多いのですが、1月始まりや4月始まりのものほど種類は多くなく、つまり厳選されたものが並んでいるのです。また一般的に手帳を選ぶ年末は何かと忙しく、ゆっくり手帳を選ぶ時間がないですが、9月始まりなら、時間に余裕を持って手帳選びができます。毎日持ち歩く相棒のような手帳だから、ぜひお気に入りの一冊を選んでおきたいですよね。

●年の変わり目に手帳を変えるのはロスタイム

年や年度の変わり目は、予定が立て込むことがほとんど。このような時期に手帳を変え2冊使いするよりも、9月に変えておいた方がスケジュール管理が楽なのです。また秋くらいから年始の予定が埋まり始めるという人にとっても9月始まりは有効です

手帳の書き方にもこだわって!

9月始まりの手帳で心機一転を図りたいならば、この際手帳の書き方も変えてみてはいかがでしょうか。手帳の中身にはいろいろなタイプがあり、マンスリータイプや週間タイプ、デイリータイプなど、書き込む量によって選べるようになっています。いつも同じタイプを選んで同じように書くのではなく、少し書き込む量を増やしてみませんか。気がついたことや気になったこと、簡単な日記(自分を変えたい!という人に日記がオススメな理由)などをつけていくと、手帳が自分を振り返るための良い場となってくれますよ。


writer:Akina