中国に返還されて20年が経った香港で起きていることとは?

香港がイギリスから中国に返還されて20年が経った。香港が置かれた「一国二制度」とは、高度な自治を約束され、中国本土の社会主義体制に染まる必要がない50年の猶予期間。当初はこの間に、中国が香港化するのではないかという「期待」もあっただけに、今日の結果を誰が予想できたであろうか。
現実は、香港が中国化してしまった。その現実を認めるには、なにも返還記念式典に中国の習近平国家主席がやって来て、「中央政府への挑戦は許さない」と演説して香港の独立機運ににらみを利かせる必要も、閲兵式と称して誰に銃口を向けているかわからない人民解放軍を見せびらかす必要も、実はなかった。
ここに取り上げた中国人の庶民の目を通して見れば、香港がいかにして中国化しているのかがよくわかる。香港と中国本土の間(はざま)にいる家族を通じて浮き彫りになる「香港問題」を3回に分けてお届けする。

香港の住民は歓迎していない

香港の市民は必ずしも本土から越境してくる子どもたちを歓迎していない。本土の子どもたちが多くやって来る地域で話を聞いてみると、予想以上に反発の声が強かった。

「大陸の子があまりに多いので、香港この地区の子が他の地区の学校に行かなくてはならない」(中学生の少女)

「自分の弟は幼稚園に通っているけど、クラスに本当に大陸の子が多く、彼らの言葉をまねるので広東語がうまく話せなくなっている。うちの家庭では、みな広東語を話すのに、おかしなことになっている。たまに(大陸からの)子どもたちが路上で大小便をしていのを見掛けるから汚い」(20代とおぼしき女性)

「(大陸の子は)礼儀正しくありません。一緒に勉強すると香港の子が悪い影響を受けてしまうと思う」(30代とおぼしき男性)

いずれも話しぶりも身なりもきちんとした感じのいい若者たちである。彼らに物心がついたときには、すでに香港は中国に返還されていたはずだが、いまだに中国人に対する異質感は根強いようだ。

「双非の子どもたちは香港政府の誤った政策の産物です」

こう断言するのは香港独立派として知られる游螵禎氏(26)だ。游氏は、去年、香港の国会にあたる立法会の選挙で初当選したが、宣誓式で「香港は中国ではない」という横断幕を掲げ議員資格を取り消された人物。香港から香港らしさが失われていく現状を嘆くひとりであるが、決して排他的なわけではない。


香港独立派として知られる游螵禎氏。「資源の分配の問題」と話す。6月27日香港にて

多くの香港人は不公平だと思っている

游氏は、子どもたちがよい学習環境を求めるのは理解できるし、すでに香港人として生まれた以上、その権利は人道的にも守られるべきだと話す。そのうえで香港人の声を代弁する。

「彼らは香港人としての身分を得ているわけだから、享受すべき権利を無視はできません。しかし、多くの香港人は不公平だと思っています。親たちが香港のために何かをしたわけではないのに、子どもたちが香港人の権利を享受しているからです」

彼らの待遇については香港政府が解決すべき問題としながらも、香港人とまったく同じ扱いにするのではなく、学費の一部を負担してもらうなどは合理的で公平なやり方だと、話す。権利を制限することは、偏狭だとする批判もあるが、と水を向けると冷静な答えが返ってきた。

「無制限に資源のある所はありません。これは心の問題ではなく、資源の分配の問題です」

こうした香港社会からの反発を、5歳の娘、恩熙ちゃんを香港に通わせる中国人夫妻、田峰涛さんと周粉莉さんはどう見るのか。


「息子が大きくなる頃には、大陸でも力を発揮できるでしょう」と話す熊燕さん

「いろんな人を受け入れるべき」

「彼らも気持ちの整理が必要だと思います。香港は国際化された大都市であるから、いろんな人を受け入れるべきです。これは短期的な問題だと思います」(田峰涛さん)

「香港は中国に返還されたので、徐々に融和していくと思います。それを受け入れられないのは彼らが偏狭であることを示しています。融和と競争を拒否しているだけです。よそからの挑戦を受け入れたくないだけです」(周粉莉さん)


中国本土の人の目線で見れば…

中国本土の人の目線で見れば、香港はすでに自分たちの一部なのである。それは中国側の問答無用の勢いが、香港を飲み込むようにして一体化を進めている結果だろう。今はまだ香港は、子どもを越境させてまで通学させたい「お得な場所」に映るが、その子どもたちはいずれ、香港は中国の1つの地方都市にすぎないと考えるようになるかもしれない。