エビスビール(エムズビバレッジ提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】サッポロビールの「エビス」が7日、韓国で発売された。

 サッポロビールの輸入・販売を手がけるエムズビバレッジの李鍾完(イ・ジョンワン)代表取締役は聯合ニュースの取材に対し、「価格を下げて競争するよりは、プレミアムビール市場のパイオニアになる」と述べた。

 また、「今は、すでに大きくなった輸入ビール市場が細分化されつつある時期」として、「プレミアムビールを求める需要があり、エビスを韓国に紹介することにした」と説明した。その上で、「ちょっとしたぜいたくを楽しむ30〜40代がターゲット」と述べた。

 エビスの350ミリリットル缶の韓国販売価格は3900ウォン(375円)で、ほかの輸入ビールに比べて割高だ。

 まずは家庭向け市場を狙い、徐々に販売を拡大していく方針だ。