【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】ハダースフィールドの物語(3)

 イングランド北部のハダースフィールド。この平凡な町のフットボールクラブが今シーズン、プレミアリーグ初昇格を果たした。未知の世界での戦いに、クラブ関係者やファンは何を思っているのか。シリーズ最終回は、クラブのレジェンドとも言える「オフィシャル・アンバサダー」と、半世紀以上にわたってハダースフィールドを見つめてきたファンの声を聞く。

ハダースフィールドの物語(1)から読む>>

[クラブ・アンバサダー]

 ハダースフィールドの町とクラブを象徴する人物をひとり挙げるとしたら、クラブの「オフィシャル・アンバサダー」を務めるアンディ・ブースだ。はじけるような笑顔を持つ人物で、きついウェスト・ヨークシャーなまりを話す。

 1973年、ハダースフィールドに生まれたブースは、ほどなくスタジアムに通いはじめる。


ホームでの試合前、ファンと記念撮影に応じるハダースフィールドの選手たち photo by Getty Images

「たぶん3〜4歳のころから来るようになったと思う」と、ブースは言う。「両親がスタジアムの入場ゲートで働いていたから、一緒に出かけていた。3時5分前になったら、ひとりでスタンドに入って試合を見ていた」。1992年、ブースはハダースフィールドの若きストライカーとして、ファーストチームでデビューした。

 そのころクラブには、選手以外のスタッフが15人ほどしかいなかった。「本当に必要最小限だった。チケット売り場の女性、掃除係の女性、用具係のブロッキーという男性はシェフも兼ねていた。みんなお互いを知っていた。大切なのは、僕たちがそんな家族のような雰囲気を失わなかったことだ」

 ハダースフィールドの町も同じだった。「店もレストランも、そんなにない」と、ブースは言う。「もし休暇にハダースフィールドに行くという人がいたら、やめたほうがいいと言うだろう。でもヨークシャーの他の町と同じで、とてもフレンドリーだ」

 ブースはシェフィールド・ウェンズデイにしばらく在籍し、トッテナムで4試合に出場したが、2001年にハダースフィールドに復帰し、引退までの8年を過ごした。彼のハダースフィールドでの最後の試合では、ホームとアウェー両方のファンからスタンディングオベーションが起こった。ブースがハダースフィールドで決めた150ゴールは、クラブの歴代通算得点で3位の座を維持している。

 ブースはクラブのトレーニングウェアについている3つの星を指さす。1920年代に3年連続でイングランドのトップリーグを制したことを称えるものだ。

「これをつけられるクラブは4つしかない。マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナル、そしてハダースフィールド。ハダースフィールドは、イングランドのバルセロナであり、レアル・マドリードだった」と、ブースは言う(ただし、3つ星のエンブレムは公式のものではない)。

 だがその後、クラブは野心を失ってしまったと、ブースは言う。「選手にしてみれば、居心地のいいチームだった。あまりプレッシャーを感じなくていい。0-4、0-5で負けたら地元の新聞に叩かれるかもしれないが、それだけのことだ。チームが頑張っているのを見られれば、ファンはハッピーだ。3世代のファンが毎週スタジアムに通ってくるし、大きなトラブルもない」

 ブースは、ハダースフィールドのファンのいる地域の狭さがいささか問題だと考えている。「ここから30キロ行けばリーズがあるし、シェフィールドもマンチェスターもある。ハダースフィールドがファンを呼び込める地域は、30キロ四方くらいのものだろう」。スカウトするのも本当に地元の選手ばかりだったと、ブースは振り返る。「クラブは時代に取り残されていた」

 しかし彼は、現監督のデイビッド・ワグナーのおかげでクラブへの期待が高まってきたと言う。スカウトのネットワークも広がった。

「”ハダースフィールドのような小さなクラブ”というメンタリティーを捨てなくてはいけない」と、ブースは話す。「今シーズン、私たちはいくつかのクラブを相手に番狂わせを起こすだろう。おそらくどのチームも、ハダースフィールドを狙ってくる。ホームとアウェー合わせて勝ち点6を取りにくる。そんななかで私たちは、(プレミアリーグに残留できる)下から4番目より上に入らなくてはならない」

[古くからのファン]

 4人はハダースフィールドかその近郊で育ち、中学校で出会い、古いスタジアムに一緒に行き、その後は生活のために故郷を離れて広い世界のあちこちに行った。いま60代後半になって引退した彼らのうち、3人はハダースフィールドに帰ってきた。

 試合前に集まってエールビールを飲むパブで、グリン・ロバーツ、レス・ミッチェル、マーティン・ジェソップ、ボブ・エディンバラの4人は、自分たちにとってクラブがどんな存在だったか語ってくれた。「私たちの人生について回るテーマのひとつだ」と、ひとりが言った。

 彼らの父親世代のなかには、1920年代のクラブの黄金期を知る人もいた。しかし彼ら4人がファンになった50年代には、クラブも地元の繊維業も衰退していた。

 少年のころ、彼らは古いスタジアムの数万人の観客のなかにいた。多くの男たちが平たいキャップをかぶり、ほとんどがたばこを吸い、ほぼ全員が立ったまま観戦していた。スタジアムのトイレは屋外にあって屋根がなかったから、長靴をはいていったほうがいいくらいだった。

 4人は10代のとき、ほかの男の子たちとスタンドで飛び跳ねていた。その子たちは大人になってからスタジアムに来なくなったが、4人は彼らの名前を今も覚えている。

 何十年も前にアウェーの試合に出かけたときのことも覚えている。ひとりが1972年にクリスタル・パレスと対戦したハダースフィールドのメンバーを、すらすらとそらんじた。

 数十年にわたり、彼らは仕事と家族のことで忙しく過ごしてきた。週末にはクリケットをやったり、子どもを乗馬クラブに連れていったりした。しかしどこへ行っても──イングランドでも外国でも──彼らはハダースフィールドとともにあった。テレビで試合を見られるときには、欠かさず見た。

 クラブをサポートすることで、彼らは過ぎ去った子ども時代や、今は亡き親たちとの結びつきを取り戻していた。あまり取り柄のない故郷の町への思いも忘れずにいた。

 ひとりが言った。「この10年ほどの間に、みんな町に帰ってきた。もう引退して、時間もたっぷりある」

 ディーン・ホイル会長が99ポンド(約1万4000円)のシーズンチケットを売り出したことも、彼らの再会を後押しした。ファン歴の長い彼らは、今季プレミアリーグで戦うハダースフィールドをこの価格で見るはずだ。ここ数十年間のイングランドのトップリーグでは、おそらく最も安いチケットだろう。

 4人はフットボールの大ファンというわけではない。試合よりもクラブそのもののほうに関心があった。彼らはハダースフィールドを2部のクラブとして受け入れ、チャンピオンシップがふさわしい居場所だと思っていた。

 もちろん、プレミアリーグに昇格したことを喜んではいる。でもそれが、クラブの物語のクライマックスではない。どうしても必要なものというわけではなかった。

 ハダースフィールドをサポートすることは……と、グリン・ロバーツが言った。「どちらかと言えば、がっかりする経験が増えるということ。それに、こういう連中との友情が生まれるということ。だから、私らは一緒にいるんだと思う」

 4人はレディングとの昇格プレーオフ決勝を見て、「くたくたになった」。その後、おなじみのパブ「キングズ・クロス」で飲んだシャンパンは最高だった。

 彼らにとっては、栄光がすべてではない。

From the Financial Times c The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved.

■ハダースフィールドの物語(1)から読む>>

■海外サッカー 記事一覧>>