昨シーズン、当時39歳の大ベテランQB(クォーターバック)トム・ブレイディが劇的な大逆転を演じ、ニューイングランド・ペイトリオッツがスーパーボウルを制したのは記憶に新しいだろう。たしかにここ数年、プレーオフで上位に進出してくるのは経験豊富なベテランQBを擁したチームが大半だった。

 しかし、2017年シーズンは若いQBに目を向けてほしい。虎視眈々と頂上を狙い、プロの世界でのし上がってやろうと鼻息を荒くする将来有望な「7人の次世代QB」たちを紹介しよう。


リーグを代表するQBとなったレイカーズのデレック・カー

【1】ミッチェル・トゥルビスキー
(シカゴ・ベアーズ/2017年ドラフト1巡目・全体2位/23歳)

 今年4月のドラフトの直前になって、突如その名は報じられるようになった。それまで無名だったミッチェル・トゥルビスキーをシカゴ・ベアーズがドラフト全体2位で指名。全体3番目の指名権を有していたベアーズは指名順位をたったひとつ上げるためだけに、自らが持つ下位ドラフト権3つをサンフランシスコ・49ersに譲り渡してまで獲りにいったのだ。

 つまり、彼はそれほどの「モノ」だということだ。プレシーズンに登場したトゥルビスキーはパスの正確さや機動力、そして自慢の強肩ぶりを披露し、早くも高いポテンシャルを垣間見せている。

 また、精神面の強さと成熟度もトゥルビスキーの魅力だろう。ノースカロライナ大の3年間で、試合に先発したのは3年生時の13試合のみ。経験の少なさは懸念されているものの、控えとして過ごした2年間で我慢する忍耐力を培ったという。ドラフト上位でプロ入りするQBは大学時代からスター待遇を受け、甘やかされて育ったケースが多い。その環境が足かせとなってプロでは活躍できないことも少なくないが、我慢を知っているトゥルビスキーにその心配は不要だろう。

【2】デショーン・ワトソン
(ヒューストン・テキサンズ/2017年ドラフト1巡目・全体12位/21歳)

 前出のトゥルビスキーとは対照的に、大学時代から名を馳せていたのが21歳のデショーン・ワトソンだ。大学2年時、3年時と連続してクレムソン大を全米大学選手権決勝まで導き(3年時は優勝)、大学最優秀選手に与えられるハイズマン賞のファイナリストにも2年連続で選ばれている。

 大舞台での経験も豊富とあってか、プレシーズンでは新人らしからぬ落ち着いたプレーを見せていた。ただ、大学での華々しい活躍がありながらドラフト全体12位指名となったのは、パスの精度の低さと肩の弱さが問題視されているからだ。実際、昨シーズンは17個ものインターセプトを喫している。

 しかしながら、今のヒューストン・テキサンズには絶対的な先発QBが不在である。開幕で先発が予想される27歳のトム・サベージも安定感抜群とは言いがたい。シーズン序盤で勝ち星を伸ばせなければ、ルーキーのワトソンに出番が回ってくる可能性は十分にあるだろう。

【3】パトリック・マホームズ
(カンザスシティ・チーフス/2017年ドラフト1巡目・全体10位/21歳)

 テキサンズのワトソンよりも高順位の全体10番目でドラフトされたパトリック・マホームズだが、カンザスシティ・チーフスにはアレックス・スミスという2005年ドラフト全体1位のベテランQBが君臨している。今シーズン、マホームズはほとんど出場機会を与えられないかもしれない。しかし、将来性という点では非常に楽しみな選手だ。

 実は彼の父親のパット・シニアは、1997年〜1998年に横浜ベイスターズで投手として在籍していた、あの「マホームズ」である。息子のパトリックも高校時代は野球でも高い評価を得ており、投手や内野手として活躍していた。

 マホームズの強肩ぶりは、まさしくその父親譲りなのだろう。最速60マイル(約97キロ)を超えるパススピードはドラフト前から話題となっていた。プレシーズンでは相手の守備ラインがパスラッシュで目前に迫ってきても、慌てず冷静にパスターゲットを探して試合をコントロールしていた。今のうちから押さえておきたい将来有望なQBのひとりである。

【4】ダク・プレスコット
(ダラス・カウボーイズ/2016年ドラフト4巡目・全体135位/24歳)

 プロ1年目の昨シーズン、ダク・プレスコットはドラフト4巡目という下位指名ながら、開幕から先発を勝ち取った。そしてダラス・カウボーイズをNFC最高勝率(13勝3敗)に導き、自身はオフェンス最優秀新人賞を受賞。プロボウルにも選出された。

 たしかにRB(ランニングバック)エゼキエル・エリオットの存在や、強力な攻撃ラインに助けられたという面もある。だが、司令塔であるプレスコットの成熟したプレーがなければ、あれほどオフェンスも機能はしなかったはずだ。ヘッドコーチのジェイソン・ギャレットも「プレスコットの最大の強みは精神面の落ち着きだ」と、その冷静ぶりを高く評価している。

 昨シーズンはパス成功率67.8%(リーグ4位)という高い数字を残しつつ、被インターセプトはわずか4個という成績がプレスコットの冷静さを物語るなによりもの証拠だろう。ミスの少ない成熟した24歳の若きリーダーが率いるカウボーイズはスーパーボウル進出の有力候補だ。

【5】カーソン・ウェンツ
(フィラデルフィア・イーグルス/2016年ドラフト1巡目・全体2位/24歳)

 カーソン・ウェンツがカレッジ時代にプレーしていたノースダコタ州立大は、大学最上位ディビジョンのひとつ下のカテゴリーに属している。しかしながら、2016年のドラフト全体2番目でフィラデルフィア・イーグルスから指名を受けた。はたして、プロの舞台でどれだけの能力を発揮できるのか――。ウェンツのプレーはルーキーイヤーから大いに注目された。

 結果は開幕3連勝を果たしながら、最終的には7勝9敗でNFC東地区4位(NFC12位)。ポストシーズン進出を逃すこととなった。ウェンツにとって不幸だったのは、頼れるレシーバーがあまりにも少なかったことだろう。彼が投じたパスをレシーバーが落球したことは計38回あったが、これはリーグでワーストの数字だった。

 ただ、今シーズンは捕球力に定評のあるWR(ワイドレシーバー)アルション・ジェフリーや前ペイトリオッツRB ルギャレット・ブラントなどを補強し、イーグルスの戦力は大幅にアップグレードされた。リーグでもっとも競争が激しいと予想されるNFC東地区だけに、プロ2年目はウェンツの真価が問われるシーズンとなりそうだ。

【6】ジェイミス・ウィンストン
(タンパベイ・バッカニアーズ/2015年ドラフト1巡目・全体1位/23歳)

 大学時代はフロリダ州立大を全米王者に導き、自身もハイズマン賞を受賞。そして2015年ドラフトの全体トップ指名でプロ入りしたジェイミス・ウィンストンは、ここまで期待どおりの成長曲線を描いていると言えるだろう。

 過去に多くの黒人QBが脚力を売りにしていたのに対し、ウィンストンの売りは純然たるポケットパサーとしての才能である。プロ入りから2年連続でパス4000ヤードをマークしたのは、NFL史上初の快挙だ。リーダーシップという点でも、チームの中心選手である自覚が備わっており、実に頼もしい。

 今シーズンはこれまで5人しか達成してない年間パス獲得距離5000ヤードを記録する可能性もある。プレシーズンではレッドゾーン(ゴール前20ヤード地点からの攻撃)でタッチダウンを奪う詰めの部分で苦戦していたが、タンパベイ・バッカニアーズが10年ぶりのプレーオフ進出を果たすためにも、それはクリアしなければならない必須課題だろう。

【7】デレック・カー
(オークランド・レイダース/2014年ドラフト2巡目・全体36位/26歳)

 昨シーズン、オークランド・レイカーズを2002年以来となるポストシーズンまで牽引したのが、プロ4年目の若き司令塔デレック・カーだ。しかし、レギュラーシーズン最終戦のインディアナポリス・コルツ戦で相手ディフェンダーにサックを受けた際に右足を骨折。悲願のスーパーボウル進出はその時点で消滅した。

 それでも、カーとレイダースの未来は明るい。今オフにカーはレイカーズと当時のNFL史上最高額となる5年総額1億2500万ドル(約137億円)で契約を更新(後に29歳のQBマシュー・スタッフォードが1億3500万ドルでデトロイト・ライオンズと契約)。レイカーズが提示した金額は、将来のカーに対する期待の表れだろう。

 カーの特徴は勝負どころの第4クォーターに強い点だ。昨季は第4クォーターで7回(リーグ2位)も逆転劇を演じた。2002年ドラフトで全体1番目指名された兄のデビッド・カーはプロで花を咲かせることができなかったが、弟のデレックは自身が憧れるQBブレット・ファーブ(1995年〜1997年リーグMVP受賞QB)級の選手に成長していくのではないだろうか。

 2017年のNFLシーズンは現地9月7日、カンザスシティ・チーフスvs.ニューイングランド・ペイトリオッツで幕を開ける。今回ピックアップした若武者たちがどれだけベテランQBに立ち向かっていくのか、今シーズンは目が離せない。

■その他球技記事一覧>>