東急池上線が1日乗り放題に

写真拡大

東急電鉄は翌年に開通90周年を迎える東急池上線を盛り上げるため、2017年10月9日、誰でも無料で乗り降りできるようにする試み「開通90周年記念イベント 10月9日池上線フリー乗車デー」を実施する。

「首都圏の鉄道会社では初めての取り組み」

東急池上線の全15駅の改札付近で、2017年10月9日の始発から終電まで、池上線内が1日限りで乗り放題となる「1日フリー乗車券」が配布される。東急電鉄の報道発表によると、「電車を1日無料でご利用いただくという試みは、首都圏の鉄道会社では初めての取り組みです」という。「池上線沿線の魅力を多くの方に知っていただき、訪れていただく」のが目的だとしている。

実際、池上線の認知度は東急電鉄の他沿線と比べ、決して高いとはいえない。

同社が5月、池上線洗足池駅(東京都大田区)の30キロ圏内に居住する20〜49歳の男女300人に実施したアンケート調査では、54.3%が「(池上線を)知っている」と回答した。東横線と田園都市線についても質問しているが、それぞれ75.7%、74.0%だったという。

同社は池上線の認知度を上げるため、9月6日から「『生活名所』プロジェクト」と題し、専用ウェブサイトや駅でのポスター掲出を通じ、沿線の魅力を周知する。10月9日には、沿線のグルメを紹介するツアーや、名所を巡るイベントを開催する。

ツイッターなどインターネット上では、

「路線全部1日無料ってすごい。おもしろい〜」
「思う存分乗る」
「池上線とか初めて聞いた どこやねん」

など、既に反響を呼んでいる。