6日、北朝鮮による相次ぐミサイルの発射を受けて島根県隠岐の島町でミサイルの落下を想定した訓練が行われたと韓国・聯合ニュースが報じ、韓国で注目が集まっている。写真は日本の避難所を示す表示。

写真拡大

2017年9月6日、北朝鮮による相次ぐミサイルの発射を受けて島根県隠岐の島町でミサイルの落下を想定した訓練が行われたと韓国・聯合ニュースが報じ、韓国で注目が集まっている。

日本の報道によると、訓練は中国地方に向けて発射されたミサイルが隠岐諸島付近に落下するという想定で行われ、全国瞬時警報システム(Jアラート)の内容が町民約1万4000人に防災行政無線で伝えられたほか、学校関係者など約2000人が参加した。

同町の中条小学校では、ミサイル発射を伝える放送を合図に訓練を開始。窓ガラスが割れ破片が飛び散ることを想定し教諭らがカーテンを閉め、児童らは教室の中央に集まって身をかがめ、辞書を入れた袋で頭を守った。

聯合ニュースは、訓練に参加する児童らの様子を写真でも伝えると共に、朝鮮半島情勢が特に緊迫化した今年3月以降、日本では政府や自治体主導でミサイル発射に備える訓練が行われていると紹介、特に北朝鮮が日本の上空を通過するミサイルを発射した先月29日以降は訓練が増え、石川、青森、福岡の各県や北海道でここ数日の間に相次いで訓練が実施されたと伝えた。

この記事は韓国のネットユーザーの間で注目度が高く多くのコメントが寄せられているが、中でも目立つのが、日本と比べ韓国の備えを不安視する声だ。「こういう訓練は韓国こそがやっておくべきものなのに」「韓国では自宅近くの避難所がどこにあるか知らない人も多い」「日本でもこうしているのに、韓国はずっと今のままでいいんだろうか?」といった声が多くの共感を得ている。

しかし一方で「これは安倍(晋三)政権の支持率アップ用だろ」「安倍さんは喜んで拍手してそう」「戦争なんて起こるわけないのになぜそんなことしてるの?」などこの様子を斜めに見る意見も多く、「見せるためにやってるだけ。こんなのやったところでミサイルを撃たれたら終わりだよ」「ミサイル攻撃じゃ、うずくまっても無駄でしょ。不安をあおるだけの訓練だ」「そうすれば生き残れると思ってるのかな?」など、訓練の実効性を疑問視する声も。

さらには「日本人が訓練してる姿はかわいく見えちゃうね。本当に人の言うことをよく聞く国民性だよ」「こういうのを見るに、日本は経済面では先進国だけど指導層に簡単に利用されやすい民族だと感じる。不思議な国だなあ」と、訓練の様子と日本人の国民性を結び付けるコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)