準々決勝後、健闘をたたえ合うフェデラーとデルポトロ【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP準々決勝デルポトロに敗戦…4強で黄金対決ならず「準決に自分の居場所はない」

 テニスの全米オープンは6日(日本時間7日)、男子シングルス準々決勝で世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)がフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に5-7、6-3、6-7、4-6で敗れ、今季3度目のグランドスラム制覇はならなかった。注目されたラファエル・ナダル(スペイン)との黄金対決は実現せず。「準決勝に自分の居場所はないと感じているし、正直、彼(デルポトロ)の方がラファを破るチャンスはあると思う」と語った。米地元紙「ニューヨークポスト」が報じている。

 09年決勝、大会6連覇の偉業を阻まれた因縁のデルポトロとの再戦でフェデラーは敗れた。

 記事では「こういった事は起こり得るし、説明するのは難しい。プレーが悪かったとは思わないが、自分の流れにならなかった」と振り返った。これにより、世界のファンが注目していたナダルとの夢の対決は実現しなかった。「間違いなく悔しい」としながら、セミファイナルに進めなかったことを潔く受け入れた。

「ただ、フアン・マルティンは勝利に値する。準決勝に自分の居場所はないと感じているし、正直彼の方がラファを破るチャンスはあると思う」

 このように振り返り、比較すればデルポトロの方がナダルに勝機はあると、勝者を称えていた。

グランドスラム通算20勝ならず…背中の不調で準備不十分「疲れたし、休養が必要」

 王者にとって、ベストコンディションではなかったことも影響したのかもしれない。

「現状の私の戦いぶりでは、このトーナメントを制するには十分とは言えないだろう」と分析し、記事によれば、背中の不調もありシンシナティでの試合を欠場し、準備が理想的ではなかったことを認めたという。

「タフなトーナメントで、苦戦を強いられていたし、自分が安全圏にいるわけではないと分かっていた」

 このように振り返ったフェデラーは「疲れたし、休息が必要」と話したことを伝えている。通算20度目のグランドスラム制覇の偉業を逃した36歳。しかし、戦いはまだ続く。束の間の休息を経て、王者はコートに帰って来る。