ノーベル化学賞の理論とビジネスの不思議な関係 / 出井伸之

写真拡大

人生は岐路の連続。最良の選択でチャンスを呼び込むためには、自身と深く対話し、自分の中の価値観をつくり変革していくことが重要である。この連載は、岐路に立つ人々に出井伸之が送る人生のナビゲーション。アルファベット順にキーワードを掲げ、出井流のHOW TOを伝授する。

今回は、C=Cross Couplingについて(以下、出井伸之氏談)。

2010年にノーベル化学賞を受賞した、クロスカップリング反応理論。実はこの化学反応の中に、ビジネスにおける重要なテーマが隠されている。クロスカップリングは、次に来るAIやブロックチェーンなどによるパラダイムチェンジの中で日本が成長するためのキーワードになるかもしれない。

そもそもクロスカップリング反応とは、異なる2つの分子を結合する反応を指す。米パデュー大学の根岸英一博士は、異なる2種類の分子の間にパラジウムという金属を触媒させ、それまで弾き合っていた分子を結合させることに成功した。それが高血圧症の治療薬や液晶材料など、多様な工業物質の製造に必須の合成法となって世界的に広く普及し、ノーベル化学賞の受賞に至ったのだ。

その反応理論がなぜ、ビジネスと関係あるのか。その秘密は、異質な物を結合するときにある。

かつてアメリカでは「NIH(ノット・インベンテッド・ヒア)症候群」と呼ばれる企業病があった。自社以外の組織が生み出した技術やアイデアを受け入れない、いわゆる自前主義だ。多くの企業が「最先端の技術さえあれば競争に勝てる」と考えた結果、自社での開発を当然視する風潮が生まれた。

しかし競争の激化に伴い、一部の企業が各分野における世界最高のテクノロジーを外部から導入し始めた。すると、内製化率の高いライバル企業は新規テクノロジーの導入が遅れ、存亡の危機に直面することとなったのだ。

このことからアメリカはじめ世界中で、異質な企業同士で協力体制を組む事例が増えている。これがビジネスのクロスカップリングである。

同質カップリングの多かった日本

これまで日本では、同質企業同士のカップリングが多く行われてきた。バブル崩壊後にはいくつもの銀行が合併してメガバンクとなり、今日まで生き残っている。しかし同質でのカップリングばかりが横行しすぎているのではないか。残念ながら、同質のもの同士からは新しい何かが生まれる可能性は低い。

ビジネスに限らず、日本はあらゆる分野で異質なものに背を向ける傾向にある。しかしその姿勢が通用する時代も過ぎ、異質に対してしっかり向き合うタイミングがきた。例えば人材という面では、ニーズに応じて、移民も含めて海外から受け入れることも視野に入れる時期かもしれない。世代や性別を超えたクロスカップリングも考えていくべきである。

過去を振り返ると、人々にとって映画が娯楽だった時代、テレビの登場で映画会社は大恐慌に陥った。しかし、映画とテレビは今も共存している。さらにはその後、インターネットが登場しテレビの視聴率は下降しているが、完全にテレビが消えたわけではなく、テレビとインターネットは共存関係を築いている。

クロスカップリングを成功させる方法

ただし「それなら今すぐに」とできる話ではない。クロスカップリング反応を起こすにあたり必要なものがある。触媒だ。

いまの日本の産業を見てみると、ものづくり、インフラ、通信などハードのビジネス領域と、アルゴリズム、データ、コンテンツなどソフトのビジネス領域は、別々に存在しているといっていい。MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏の言葉を借りれば、 「B.I.(Before Internet) 」と「A.I.(After Internet)」という二つの世界に分けられている。

一方、近年急激に価値を上げているウーバーやエアビーアンドビーなどの企業をみると、これらはB.I.とA.I.両方が掛け合わさったビジネスであることに気づく。ポケモンGOもそうだろう。

B.I.とA.I.のクロスカップリング反応、これからのビジネスモデルはこの反応から生まれる。その触媒となるものこそ、新しいテクノロジーである。

今この記事を読んでいる皆さんには、新しいテクノロジーを触媒にして生み出した、新しいビジネスモデルを仕掛けていってほしい。そういった人が1人や2人ではなく、大げさだが1000、2000単位で出てきてほしいと思う。それには、社会的インフラを整えるために様々なルールも変えないといけないのだが。

成功すれば勝ち。失敗しても経験となり次に確実に活かされ、成長のための糧となる。大切なのはトライアルとレジリエンスだ。恐れも遠慮もいらない。信念を持って構想と思いをぶつけてほしい。ビジネスでのクロスカップリング反応は、実現する。

次回、Dに続く(9月14日公開予定)。

出井伸之による連載「The IDEI Dictionary 〜変革のレッスン〜」
過去記事はこちら>>