お店にボウリングをしに行った、とある兄弟の投稿が話題になっています。

「すみません、シューズをレンタルしたいのですが…」

ボウリング用のシューズを持っていなかったため、お店でレンタルすることにした弟。

店員にそう声をかけると…。

「私たちは、この日が来るのを…君たちを待っていたんだ!」

店員は目を輝かせ、嬉しそうにそういったのです。

靴をレンタルしたら、店員に大歓迎された理由

「シューズを借りたい」といっただけで、なぜこんなにも歓迎されるのでしょう。

その理由は、彼の足にありました。海外の掲示板に投稿された写真をご覧ください。

出典:lostinnarnia

弟が借りたのは、サイズ『18』のシューズ。なんと、およそ35cmのものなのです!

こんなにも大きなサイズのシューズを履く人は、そうそういません。

店員の言葉を聞くに、おそらくこのシューズを借りる人は、いままで1人も現れなかったのでしょう。

そもそも、そんなに大きなサイズの靴が売っているとは…。おそらく、この靴はこの店で1番キレイだろうね。彼の身長は一体どれくらいなんだ!?昔ボウリングの店で働いていたけど、自分が貸し出したシューズで1番大きかったのは15サイズ(およそ31cm)だったよ。

掲示板には、多くの人から驚きの声が上がっています。

足が平均より大きいことで、いままで苦労も多かったことでしょう。

ですが、こんなにも店員に喜んでもらえたら、「足が大きくて、よかった!」と思ったかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]