ニュージーランドDF、日本との再戦を大陸間POの“テスト”に設定「完璧な準備になる」

写真拡大

3年前の対戦にも出場していたデュランテが自信「あの時からさらに進歩している」

 日本代表は、オセアニア代表として11月のロシア・ワールドカップ(W杯)予選大陸間プレーオフに出場するニュージーランドと10月6日のキリンチャレンジカップで対戦することが決まった。

 すでにW杯出場を決めた日本に対し、ニュージーランドにとっては大一番を直後に控える大事な一戦となる。同代表DFアンドリュー・デュランテ(ウェリントン・フェニックスFC)は、この日本戦がプレーオフに向けた「完璧な準備になる」と意気込んでいる。ニュージーランド紙「stuff」が報じた。

 ニュージーランドはソロモン諸島とのプレーオフを2戦合計8-3で制し、オセアニア代表として大陸間プレーオフの出場権を獲得した。11月には南米予選5位チームと2大会ぶり3度目の出場を懸けて戦う。

 日本とニュージーランドは前回、2014年3月に旧国立競技場で対戦し、FW岡崎慎司(レスター・シティ)の2得点などで日本が4-2で勝利を収めている。この試合にも出場していた35歳の大ベテラン、デュランテは日本との再戦を待ち望んでいるという。

「僕らはあの夜とても良いプレーをした。4失点したけど、あの時はたくさんの新しい選手がいたんだ。僕らはあの時からさらに進歩している。僕らにとっては素晴らしいテストになる。(日本は)大きな国で、11月(プレーオフ)に向けて完璧な準備になる」

「日本は南米勢ととてもよく似ている」

 また、デュランテはテクニックに優れた日本は南米勢との類似性があると感じているようだ。記事では、「そのことがこの試合に決まった一つの理由だと思う。彼らは(南米勢と)とてもよく似ていて、僕らにとっては良いことだね」と話し、大一番に向けた最適なシミュレーションになることを期待している。

「彼らはとても組織されたチームで、ボールを持った時に本当に良いサッカーをする。日本人はみんな南米の選手のように技術的な才能があり、ハイテンポのゲームをする」

 日本を絶賛したデュランテだが、ハリルジャパンにとっても貴重なテストの場となるだけに、W杯出場権獲得に燃えるニュージーランドとの一戦は白熱した展開となりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images