ふとした一言でムッとする彼…男性にうまく伝わる話し方とは?

写真拡大

 彼のことを思うからこそ、傷つけないように気を使って話しているのに、「ちゃんと言わなきゃわかんねーよ」なんて言われたらムッとなりますよね。でもそこで「わかるでしょ、バカじゃないの!?」と応戦していては、ふたりの関係はギクシャクするばかり。

 そこで今回は、作家で心理カウンセラーでもあり、サラリーマンとしての実体験と豊富なカウンセリング実績を活かした、人づきあいにおける実践的なアドバイスで高い評価を得ている五百田達成さんに、恋人同士の話し方について聞きました。(以下、コメントはすべて五百田さん)

◆「結婚は、いつかしたいって感じかな」

 アラサー女性のなかには、交際開始=結婚への秒読みと思っている人もいるのでは? でも、まだ結婚したくないと思っている男性は、女性が結婚を焦っているとわかると、逃げてしまう可能性も。そういう男性には「いつかしたい」という言い方が正解です。

 したくないわけではないけど「そのうち」というニュアンスを残すことで、男性が「そのうち」という未来を考えるきっかけにもなります。

 そんなのんびりしていられないという人は、プロポーズして欲しいとストレートに彼に伝えてみましょう。

「ただし、女性がリードするのはあくまでもふたりの関係性。結婚するのか、しないのか、彼がどういうつもりでいるのか、それだけを聞き出します。そのうえで、『プロポーズもちゃんとしてね』とお願いすればいいのです」

 プロポーズをして欲しそうにしているだけでは、男性は察しません。察しても気づかないふりをする男性もいます。プロポーズをして欲しいと、なんとなく態度で示そうとしている時間は無駄なのです。

◆男性の欠点を指摘して、ケンカにならない対処法

 男性は「あなたって、そういうところあるわよね」といった感じに、分析されることを嫌う傾向があります。どこか上から言われている気持ちになって、プライドを傷つけられるからです。めんどくさいですね。

 もし男性の欠点を指摘したときは、最終的に褒めてフォローするのが、モメないコツ。

「あなたって頑固よね」⇒「でも、それだけ真面目ってことだもんね」

「どうしてそんなに臆病なの?」⇒「私はそういうところも好きだけど」

「とっさにそんな言葉出てこない!」というときは「いい意味で」が便利。「あなたって頑固よね、いい意味で」という具合にゴマカしましょう。

「男性に対するアドバイスや分析なんて、男性が腹を立てることはあっても、耳を貸すことはありません。でも、もし言ってしまったら、無理にでも『いい意味で』で終わらせて、短所を指摘したのではなく、長所を褒めたのだと思わせましょう」

 欠点を指摘されたぐらいで、腹を立てたりしない器の大きさがほしいものですね(お互い様ですが)。

◆「いつものあそこ、行こうよ!」

 新しいお店や話題のお店に行こうと言われると、多くの男性は嫌がります。慣れないお店でオロオロするより、馴染みのお店で堂々としていたいのです。ましてや一緒に行くのが彼女なら、とにかく格好つけたいと思うのが男性の本心。どうしても話題のお店に行きたいなら、女友達と行けばいいのです。

「新しいところ=自分の知らないところ。知らないところは不安だし、冒険もしたくない。男性は怖くて仕方がないんですよ」

◆「いま人気のこのブランド、あなたに似合うと思うの」

 ハリー・ウィンストンだろうとフリマだろうと、女性は「わぁ、これカワイイ!」と同じテンションで言えたりします。なぜなら女性は直感的に主観でモノの価値を判断する傾向があるから。一方男性は、直感でモノの違いを判断できない人が多い。人気や希少価値、ブランドの伝統など、客観的な指標で、そのモノの価値を判断しがちです。

 だから男性にプレゼントを贈るときには、品物と一緒に「今人気なんだって」とか「なかなか手に入らないの」など、情報やうんちくも添えてあげると喜びます。その際「あなたに似合うと思うの」と一言添えれば、押し付けがましさも軽減しますよ。

―男心をつかむ話し方 vol.2―

<TEXT/内埜さくら>

【五百田達成(いおた・たつなり)】
作家・心理カウンセラー。新刊『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション』は15万部を超えるベストセラーに。その他、35万部を超える『察しない男 説明しない女』シリーズなど。『スッキリ!!』『この差って何ですか?』などメディア出演多数。

【内埜さくら】
恋愛ライター。これまでのインタビュー人数は3000人以上