村上虹郎 主演映画『二度めの夏、二度と会えない君』公開中!

写真拡大 (全2枚)

赤城大空の原作を中西健二監督が実写化した青春ラブストーリー。主人公・智はバンド仲間の燐(りん)に告白した過去を繰り返さないように2度目の夏を過ごす…。

智を演じた注目の若手俳優、村上虹郎さんに話を伺いました。

村上虹郎さん

どのように役作りしましたか?また監督と何を話しましたか?

僕と智は不器用なところが似ていて。自分の中から、智を演じるのに不必要なものをそぎ落としていきました。初めての読み合わせのとき、監督に何も言われなかったので不安になっていたんです。でも、実際現場に入って、演技がうまくいかないな、というときに監督を見ると、「まだやれる」という目で語りかけてくださっていて。丁寧に指導してくださる監督と出会えて良かったなと思います。

燐もいるのに、2回とも智の顔だけがアップになる病室シーンに引き込まれました。

智だけはタイムリープした2度目の夏。こうすれば失敗しないとわかっているから、本当ならゲーム感覚です。でも、半年しか経っていないと、一度目とちょっと違う部分に気づいてしまう。また同じ間違いを繰り返してしまうのではないかと悩む、智らしい不器用さが自然に出せたのではないかと思います。

普段からギターを弾いている村上さん。他のメンバーとのセッションはどうでしたか?

バンドを組んだことがなかったので、めちゃくちゃ楽しかったです。アンプを通して鳴らすのが快感で。山ちゃん(ベースの山田裕貴さん)は吹き替えかと思うほど上手で、ドラムの姫子も体は華奢なのにパワフルな音が出ていて驚きました。役者が生演奏しているので、ぜひ劇場で音圧を体感してください。

『二度めの夏、二度と会えない君』公開中

北高に通う智は転校してきた燐とバンドを組み、文化祭で念願のライブを成功させた。しかし燐は帰り道に倒れてしまう。智は病室でとっさに想いを伝えるが、受け入れられなかった。別れから立ち直れずにいた智は、ある日半年前にタイムリープした。“あのひと言”をなかったことにするために日々をやり直す智。2度目の夏はどんな結末を迎えるのか…。

(c)2017赤城大空・小学館/「二度めの夏、二度と会えない君」パートナーズ

【配給】キノフィルムズ

Profile

村上虹郎

1997年生まれ。第67回カンヌ国際映画祭出品『2つ目の窓』主演で俳優デビュー。鮮やかな存在感を放つ、今注目の俳優。公開予定作に『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など。